デリケートゾーンの黒ずみを薄くできますか?

お薬のことなら、くすりエクスプレス

デリケートゾーンの黒ずみを薄くできますか?

デリケートゾーンはメラニンの活動が活発

 

デリケートゾーンは女性ホルモンの影響でメラノサイトの活動が活発な部分です。紫外線の影響は受けないところですが、パンティーラインでこすれたり、ヘアの処理でカミソリ負けしたりすると色素沈着がおきやすいのです。

 

こういうデリケートゾーンの黒ずみは一般的な美白化粧品では効果が望めません。使用には注意が必要ですが、強力な漂白効果とメラニン生成の抑制効果があるハイドロキノンが有効です。

ハイドロキノンは4%くらいのものを使用する

ハイドロキノンは皮膚科や美容クリニックでシミの治療に使われている美白剤で、化粧品に配合されているコウジ酸やアルブチンといった美白剤の数十倍の美白力があると言われています。

 

ハイドロキノン配合の美白剤は配合量を少なくしたもの(2%程度)が一般化粧品として市販されるようになりましたが、実際に効果が期待できるのは美容クリニックなどで使用している4%くらいの製品です。

 

ただし効果があるぶん肌への刺激も強くなるので、使用には次のような注意が必要です。

 

黒ずみの気になるところへピンポイントで使用する

粘膜に近い部分なのでとくに注意が必要です。

 

1日に1回、入浴後など肌を清潔にした後に使用する。

 

赤みやヒリヒリした感じが強いときは一時使用を中断する。

デリケートゾーンは紫外線の影響を受けないのがメリット

ハイドロキノンを使用すると紫外線の影響を受けやすくなるので、顔に塗るときは充分な注意が必要ですが、デリケートゾーンではその心配がないのがメリットです。

 

ただし、ハイドロキノンの使用中はハイレグの水着などは避けなければなりません。

 

ハイドロキノンの効果が出てくるには少なくともターンオーバーが1周する4週間以上はかかるので、夏に水着を着るためにと思うのなら春からのケアが必要です。

 

また、ハイドロキノンの使用中は保湿にも気をつける必要がありますが、デリケートゾーンはこの点もあまり心配が要りません。

関連ページ

肌のシワを内側から改善するコエンザイム
コエンザイムQ10は最初ウシの心臓の脂溶性物質の中から発見された物質で、生物の細胞に広く分布している代謝活動に欠かせない「補酵素」だということが分ってきました。
目を疲れさせないパソコン環境の5つのポイント
一日オフィスでパソコン画面とにらめっこして、家に帰っても夜何時間か自分の部屋でパソコンをしているという人はめずらしくありません。そんな人はとくに目が疲れやすいので、せめて自宅のパソコン環境には充分に気を配って眼精疲労やドライアイを予防しましょう。
最近まつげの元気がない、短い、少ない
まつ毛は女性の顔の大切なチャームポイントで、アイメイクはメイクの要ともいえますが、30代、40代になると毛質が細く柔らかくなったり、本数が減るなどの問題がでてくることがあります。
まつげが生えない伸びない、4つのNG行為は?
若い女性がすっぴんを見せない理由は?最近、若いのにすっぴんの顔を見られるのを異様に嫌がる女性が増えているといいます。その理由はなんと「まつ毛がない」からだそうです。原因は、もちろんそんな病気が流行っているわけではなく、アイメイクのしすぎです。
クリニックの定番ハイドロキノンでシミくすみ対策
ビタミンC誘導体の100倍の美白力!ハイドロキノンは角質層に放出されたメラニン色素を漂白するとともに、メラニン色素を生成する酵素(チロシナーゼ)の働きを抑制する作用があります。
シミを予防する美白にいい食材
シミの予防でもっとも大切なのは紫外線対策ですが、食材とシミの関係でもまず紫外線のダメージを軽減するビタミンCの積極的な摂取が奨められます。
女性のビキニラインは黒ずみやすい部分です
ハイレグの水着には男性をドキリとさせるセクシーさがありますが、そのときビキニラインの肌が黒ずんでいたら台なしです。しかし、困ったことにビキニラインは黒ずみなどの肌のトラブルが生じやすいところなのです。
乳頭(乳首)と乳輪が黒ずむ理由と対策は?
乳首や乳輪の色を決めるのはメラニン色素の量ですが、それに影響を与えるのが女性ホルモンです。若い女性でも妊娠するとピンク色だった乳首と乳輪が濃い褐色になります。これは妊娠中は女性ホルモンのエストロゲンも黄体ホルモンも非常に豊富に分泌されるからです。
シミ、肝斑(かんぱん)とトラネキサム酸とは
トラネキサム酸とは?トラネキサム酸はシミ、肝斑を治療する内服薬です。とくにホルモンバランスの影響でできる肝斑は通常の美白剤では効果がなく、唯一トラネキサム酸だけが有効とされています。
洗剤かぶれ、通称「主婦湿疹」の原因と改善策
洗剤かぶれは水仕事の多い主婦の「職業病」のようなものです。命には別条がないのでひとはあまり同情してくれませんが、痛いし痒いし、見た目も悪いので悩ましい症状です。
美白のハイドロキノンの効果と使い方は?
ハイドロキノンは美容クリニックでも使用されている効果の強い美白剤です。ハイドロキノンクリームがメラニン色素を漂白する力は、一般の美白化粧品に含まれているコウジ酸やアルプチンの数十倍あると言われています。
胸焼けの効果的な改善薬をご存じですか?
なぜ胸焼けが起きるの?胸焼けは、慢性化すると逆流性食道炎と呼ばれる病気になります。日本人の食生活が洋風になって脂こい食事が増えたので逆流性食道炎の患者が増えているといわれます。
じんましん(蕁麻疹)の原因と改善法は?
「じんましんが出る」と言えば「大嫌いで、生理的に受け入れられない」というたとえですが、まさにじんましんは身体の生理的拒否反応です。身体中に赤い斑点ができて痒くなったりするとたいへん驚きますが、案外簡単に治ってしまったりもします。後で、夕食のしめ鯖が原因だったのかなあ、などと考えるのがよくあるじんましんのパターンです。
美容エステで浪費する前に『睡眠エステ』を考えて!
肌のゴールデンタイム!夜10時から午前2時までは「肌のゴールデンタイム」だという話はどこかで聞いたことがあると思います。これは、この時間帯に睡眠をとることが肌の細胞の傷んだ組織を修復し、細胞分裂を促す「成長ホルモン」の分泌を活性化するからです。
シミはお肌のトラウマ!お肌のシミに効果のある食事は何ですか?
シミをなくそう、あるいは予防しようとしたら、もっとも大切なのは「紫外線を浴びない」ことです。その次に大切なのが、洗顔や保湿などのふだんのスキンケアです。紫外線はシミの原因になる直接的なダメージですが、できてしまったシミを薄くするにはお肌にストレスを与えないスキンケアが必要です。
元CanCam専属モデルも愛用の白目真っ白目薬はこれ!
セレブ御用達!クリアアイズが赤目の悩みを解消!朝やパソコン疲れの仕事明けは目が真っ赤に充血しますよね。通称「ウサギ目」女性だけでなく、男性も大切なイベントやお客様とのミーティングなどでは真っ白な目で好印象を与えたいものです。
30〜40代に多い、肝斑(かんぱん)と治療法
肝斑(かんぱん)とふつうのシミの違い!ふつうのシミは紫外線の影響でできますが、肝斑は女性ホルモンの影響で濃くなったり薄くなったりするシミです。ふつうのシミは紫外線の影響が蓄積してできるもので高齢になるほど増えますが、肝斑は30〜40代の女性に多く、閉経後はほとんどなくなります。
アトピー性皮膚炎のスキンケアは?
アトピー性皮膚炎のケアのジレンマとは?肌の汚れは落とさなければいけないが、石けんが使えないことがある。保湿しなければいけないが、化粧水や乳液が使えないことがある。紫外線対策をしなければいけないが、UVクリームを使えないことがある。
ステロイド外用薬を誤解せず、正しい知識を!
ステロイド外用薬とは?ステロイド外用薬はアトピー性皮膚炎などのアレルギー性皮膚炎の治療には欠かせない薬ですが、副作用について誤解している人も多く、正しい知識にもとづく正しい使用が求められます。
ステロイド外用薬を誤解してる人は多数
ステロイド外用薬はアトピー性皮膚炎などのアレルギー性の炎症には欠かせない治療薬です。免疫の過剰反応を抑制してすみやかに腫れや痒みなどの炎症を抑える効果があります。しかし、一方ではステロイド剤はこわい副作用があるから使うべきではないという人がいて、自分や赤ちゃんのアトピー性皮膚炎をステロイド剤を使わずに治そうと苦労している人がいます。
美容クリニックでの肝斑(かんぱん)治療法を自宅でも?
肝斑は紫外線が原因でできるふつうシミとは違い、女性ホルモンの変化がおもな原因で濃くなったり薄くなったりします。また、普通のシミは年齢が進むほど増えますが、肝斑は30〜40代に多く、閉経後はほとんど出なくなります。もうひとつの肝斑の特徴は、頬や額の左右対称の場所にできるということです。
肌のターンオーバーと美肌の関係
ターンオーバーが早まるのはトラブルのとき!正しいスキンケアをするには、肌のターンオーバーについての正しい知識が必要です。ターンオーバーについてもっともよくある誤解は、「ターンオーバーが早くなるのは新陳代謝が活発になっているからで良いことだ」というものです。
あせもは赤ん坊だけでなく大人もなります。大人あせも
あせもとは?表皮の角質層を汗びたしのまま放置すると、汗が汗管に詰まって炎症を起こすことがあります。これがあせもで、体表面の面積の割に汗腺が多い赤ちゃんにできやすいのですが、大人でもかいた汗を放置しているとできることがあります。
乾燥肌、敏感肌の正しいスキンケアは?
角質層の役目は「バリア機能」乾燥肌も敏感肌も肌の角質層にトラブルが生じてバリア機能が低下している状態です。角質は表皮細胞が細胞核を失った死んだ細胞ですが、いわば死ぬことによって役に立っている細胞です。
ステロイド剤の正しい使用方法
ステロイド剤はなぜ効くの?ステロイド外用剤つまりステロイドを配合した塗り薬は、皮膚の痒みや炎症をすばやく抑える、たいへんよく効く薬です。その理由はステロイド剤には人の免疫機能を抑制する作用があるからです。
アトピー性皮膚炎の治療と予防
アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎は2つが重なったときに起きる皮膚の炎症です。この体質を「アトピー体質」といいます。・肌が乾燥して皮膚のバリア機能が低下しやすい体質・さまざまなものにアレルギー反応を起こしやすい体質
肝斑を改善するトラネキサム酸
肝斑は皮膚の色素沈着の一種ですが、紫外線が原因でできる普通のシミとは違う次のような性質があります。顔の左右対称にできる。女性特有のシミでホルモンバランスの変化で濃くなったり薄くなったりする。シミの輪郭がはっきりしない。通常のスキンケアでは改善しにくい。レーザー治療では消えない。
美容クリニックで使われる美白化成分を解説!
皮膚科や美容クリニックでは一般の化粧品には使用することができない美白成分も使われています。効果は大きいが使用には注意が必要なこれらの美白成分について説明します。
ドライスキン(秋冬の皮膚トラブル)の対策は?
角質層は死んだ細胞ですが、脂質を含んだ細胞がドライスキンの効果的な対策法は?何層にも重なることによって水分を保持する優れた能力があります。また、角質には体の内部から汗が供給され、皮脂が表面をコーティングすることで水分を保持しています。
目の下のクマの原因と解消法
目の下のクマ、解消できますか?クマの色に3種類あるの?青グマ:血行不良が原因でできるクマ。茶グマ:のメラニン色素の沈着でできるクマ・黒グマ:乾燥や加齢による皮膚のへこみででるクマ
芸能人も使っている「保湿の王様」ヒルドイドクリームとは?
ヒルドイドクリームは保湿力に優れたしかも低刺激性の保湿剤で、皮膚科でも乾燥肌やアトピー性皮膚炎の人に保湿剤として処方されています。スキンケアでもっとも大切なことは「保湿」と「紫外線対策」です。
シミくすみ・肝斑を予防する美白クリーム「ルミキシル」とは
次世代の美白化粧品(ブライトニングコスメ)として一躍脚光を浴びえている「ルミキシル」は、スタンフォード大学(米国)の皮膚専門の研究チームが開発した、安全で美白効果の高いクリームです。 有効成分は「Lumixyl(ルミキシル)ペプチド」と呼ばれ、「シミ・くすみ」の原因である「メラニン色素」の生成を抑れる作用があります。
目力アップ!目元の美容・まつげ育毛と真っ白な白目!
ルミガンは、まつげを太く、長く、濃く成長させる「まつげ育毛剤」の定番です。まつげ育毛剤と言うと、美容クリニックでは「ラティース(Latisse)」が薦められますが、値段が非常に高いため、今では成分ビマトプロストのジェネリックまつげ育毛剤『ルミガン』が1番人気のまつげ育毛剤です。