擦れたりして結構目だつ!Vゾーンの黒ずみ、薄くできますか?

お薬のことなら、くすりエクスプレス

デリケートゾーンはメラニンの活動が活発

デリケートゾーンは女性ホルモンの影響でメラノサイトの活動が活発な部分です。紫外線の影響は受けないところですが、パンティーラインでこすれたり、ヘアの処理でカミソリ負けしたりすると色素沈着がおきやすいのです。

 

こういうデリケートゾーンの黒ずみは一般的な美白化粧品では効果が望めません。使用には注意が必要ですが、強力な漂白効果とメラニン生成の抑制効果があるハイドロキノンが有効です。

ハイドロキノンは4%くらいのものを使用する

ハイドロキノンは皮膚科や美容クリニックでシミの治療に使われている美白剤で、化粧品に配合されているコウジ酸やアルブチンといった美白剤の数十倍の美白力があると言われています。

 

ハイドロキノン配合の美白剤は配合量を少なくしたもの(2%程度)が一般化粧品として市販されるようになりましたが、実際に効果が期待できるのは美容クリニックなどで使用している4%くらいの製品です。

 

ただし効果があるぶん肌への刺激も強くなるので、使用には次のような注意が必要です。
・黒ずみの気になるところへピンポイントで使用する(粘膜に近い部分なのでとくに注意が必要です)。
・1日に1回、入浴後など肌を清潔にした後に使用する。
・赤みやヒリヒリした感じが強いときは一時使用を中断する。

デリケートゾーンは紫外線の影響を受けないのがメリット

ハイドロキノンを使用すると紫外線の影響を受けやすくなるので、顔に塗るときは充分な注意が必要ですが、デリケートゾーンではその心配がないのがメリットです。ただし、ハイドロキノンの使用中はハイレグの水着などは避けなければなりません。

 

ハイドロキノンの効果が出てくるには少なくともターンオーバーが1周する4週間以上はかかるので、夏に水着を着るためにと思うのなら春からのケアが必要です。

 

また、ハイドロキノンの使用中は保湿にも気をつける必要がありますが、デリケートゾーンはこの点もあまり心配が要りません。

関連ページ

ワキや手のひらなどの多汗症の症状と治療薬!
多汗症とは非常に多くの汗をかく症状です。多汗症の症状があらわれやすい部分は、「手のひら」、「足の裏」、「脇の下」、「頭部」や「顔」です。特に悩んでいる男女が多い多汗症が、脇(ワキ汗)と手のひらです。
セックスで濡れないのは『膣乾燥症』かも?
更年期にはすべての女性が経験します膣の潤い不足!シェーグレン症候群とは?若い女性にもある膣の潤い不足!女性用バイアグラの効果は?
ダイエットで抜け毛!?抜け毛以外にも危険がたくさん
極端なダイエットで抜け毛が増える?短期間に美しいプロポーションを得ようとして絶食に近いようなダイエットをすると、私たちの身体はその意図とは裏腹に、「見かけなんかどうでいいから生命だけは守ろう」という反応をするのです。なけなしの栄養を生命にかかわる活動に優先的に回し、とりあえず生命には別条のない方面への供給は後回しにされます。
2週間以上こんなようすが続いたらうつ病かも
最近では若い学生にもうつ病が増えていると言います。うつ病は働きざかりの男女、妊娠中や産後の女性、更年期を迎えた女性や男性などに多い精神疾患で、容易に解消しないため、家族の支えがとても大切です。
糖尿病の予防や改善には食事法は大切です
糖尿病は血糖値が常に高く、インスリンが効きにくい状態です。血糖値を上げるとインスリンが分泌されて血糖値を下げますが、糖質や炭水化物を多く摂取するとインスリン抵抗が悪くなります。