性交痛でセックスが楽しめない原因は?

お薬のことなら、くすりエクスプレス

もっとも多いのは更年期の膣の潤い不足

セックスのときに感じる痛みが性交痛ですが、女性の性交痛でもっとも多いのは更年期の膣の潤い不足による痛みです。中年になると若いころに比べて、男性は立ちにくくなり、女性は濡れにくくなるのは通例ともいえますが、男性の勃起力の衰えには個人差が大きいのに反して、女性は更年期に入ると誰もが濡れにくさを感じるようになります。

 

それは男性の年齢によるテストステロン(男性ホルモン)の低下が『ゆるやかな』のに対し、女性の閉経にともなうエストロゲンなどの女性ホルモンの低下曲線は『非常に急こう配』だからです。

 

更年期の膣の潤い不足はジェルなどの潤滑剤を使用するか、女性ホルモンを補う治療をします。ホルモン療法にはホルモン剤の内服または皮膚から吸収する貼り薬を使用します。

 

また、更年期ではなくても月経前のエストロゲンの分泌が低下するときは、膣が潤いにくくなり痛みが出ることがあります

膣の入り口に炎症がある場合

婦人科でいう「入口部性交痛」には、カンジダ症あるいは性感染症などによる外陰部の炎症による性交痛、イボ痔などに性交によって痛みが出る、出産のときの膣の傷跡が痛むなどがあります。

 

更年期の膣の潤い不足による性交痛も入口部性交痛の1つです。

子宮の病気などが原因の性交痛

子宮など骨盤内の臓器の病気などからくる性交痛は「深部性交痛」とよばれます。深部性交痛には、子宮内膜症、子宮筋腫などの病気の他、子宮後屈などが原因になります。

 

いずれも男性器が患部や患部の近くに当たることによる痛みです。

心理的な原因による性交痛

心理的な原因による性交痛でときに重症化して性交困難になるのがワギニスムスです。これは成功の痛みに対する恐怖から膣の筋肉が無意識に収縮する症状です。このワギニスムスで結婚後何年間も一度も性交できないというようなケースもあります。

 

そのほかパートナーに対する嫌悪感などから膣の潤いが不足することによる性交痛もあります。

不感症や性感度が物足らない?

男性の性の悩み(ED、早漏症)には改善薬があり、もはや悩む時代ではありませんが、女性の不感症やセックスの満足度を改善する分野は少し遅れを取っているのが現実です。

 

そんな中、女性の性交痛の改善にも使用できる『ハーソルーション』や、女性のクリトリスの感度を高める『ラブグラ』などは、女性の性生活の満足度を改善するために開発された商品で、お試しになるのも一考でしょう。

女性用の不感症・性交痛・満足度の向上に

ラブグラ(ウーメラジェネリック) ハーソルーションジェル ハーソルーション錠

ラブグラ ウーメラジェネリック

・女性の性感度を大幅にアップ
・不感症や性交痛の女性まで
・性生活の満足度を高めたい女性
・半分や少な目から服用します

ハーソルーションジェル

・水性、低刺激で安心のジェル
・医師も進める安全と効能
・性感度を高めるジェル
・天然成分のみ配合

ハーソルーション錠

・女性の性感度アップ
・100%天然成分のみ配合
・結構改善で冷え性、頭痛にも
・血行を促進

女性ホルモン剤 - エストロゲン補充で女性の生活の質を改善

プレマリン膣クリーム プレマリン1.25mg(84錠) オエストロジェル

プレマリン膣クリーム

・性交痛の緩和に
・エストロゲン補充療法に
・膣の潤い不足を改善

プレマリン1.25mg(84錠)

・最も有名な女性ホルモン剤
・米国ファイザー社製
・更年期の症状を改善

オエストロジェル

・塗るタイプの女性ホルモン剤
・エストロゲン補充療法に
・女性らしさを取り戻すため