白内障 くすりエクスプレス

お薬のことなら、くすりエクスプレス

白内障記事一覧

60代になったら誰でもある程度は症状がでます白内障は目の水晶体が白く濁ってものが見えにくくなる病気です。加齢とともに抗酸化作用化が衰えてくるのが原因で、すべての人に現れる症状です。人によって違うのは、症状が出始める年齢と、進行のスピードです。症状が出始めるのが遅くて進行のスピードもゆっくりの人は、手術が必要なほど悪くなる前に寿命がつきるということになります。早い人は40代から症状が出始めて50代に...

白内障は眼の水晶体の透明な液体が白く濁ってきて、ものが見えにくくなる病気です。加齢とともに誰でもがなる病気ですが、発症する年齢や進行の速度には個人差があります。また、白内障は進行に気づかないことが多いので、早期発見を心がけないと車の運転などで危険な目に合うおそれがあります。白内障になかなか気づきにくいのは、以下などの理由によります。・老眼や疲れ目と症状が似ていること・症状がゆっくり進行すること・濁...

白内障は加齢によって誰にも症状が現れる病気ですが、糖尿病の人は白内障の進行が早くなる傾向があります。その場合は、白内障の病状の観察も手術も注意深く行うことが必要になるので、普通の白内障と区別して、糖尿病白内障と呼ばれます。白内障は眼の水晶体が白く濁る病気で、高齢になって身体の抗酸化作用が低下することによって発症します。糖尿病になるとその進行が早まる原因はよく分っていませんが、血糖値が高いと組織の「...

この症状は、白内障?緑内障?白内障と緑内障はどちらも目の病気で、高齢者がかかりやすいことも共通していますが、原因も治療法も違うまったく別の病気です。突然ですが、次にあげた病気の説明は白内障と緑内障のどちらの説明か当ててみてください。・高齢になると誰でも出てくる病気です − 答え 白内障・重症化すると失明することがある病気です − 答え 緑内障・目の水晶体が白く濁ってものが見えにくくなる病気 − 答...

白内障は眼の水晶体のタンパク質が白く濁って、物が見えにくくなる病気です。加齢で身体の抗酸化作用が低下するのが原因で、60歳を過ぎると誰にでもその兆候が現れてきます。ただし、その進行どあいは個人差があり、50代で手術が必要になるほど進行する人もいれば、70代でも初期症状程度の人もいます。水晶体が濁ると目に入った光が乱反射して、視界がかすむ、物が二重に見える、光がにじんでまぶしい、などの症状が出てきま...