白内障 早期の目薬治療を始めましょう!

お薬のことなら、くすりエクスプレス

白内障の初期症状は?

白内障は眼の水晶体の透明な液体が白く濁ってきて、ものが見えにくくなる病気です。加齢とともに誰でもがなる病気ですが、発症する年齢や進行の速度には個人差があります。また、白内障は進行に気づかないことが多いので、早期発見を心がけないと車の運転などで危険な目に合うおそれがあります。

 

白内障になかなか気づきにくいのは、以下などの理由によります。
・老眼や疲れ目と症状が似ていること
・症状がゆっくり進行すること
・濁りの出る部分が左右の目で違うので、補い合って見えにくさに気づかないこと

白内障の初期症状には次のようなものがあります。

光をまぶしく感じる。
水晶体に入った光が濁りの部分で乱反射するので、光がにじんで見えたり、まぶしく感じたりします。とくに水平方向の光がまぶしく感じられるので、朝夕の光や対向車のヘッドライトなどがまぶしくなります。

 

逆光だととくに見えにくい
誰でも逆光では見えにくくなりますが、白内障の人はとくに太陽を背にした人の顔が分らないなどの症状が出ます。

 

うす暗いとこでとくに見えにくくなる
初期には瞳孔の周囲が濁ってくることが多く、そうするとうす暗いところでとくにものが見えにくくなります。

 

物が二重に見えることがある
水晶体の内部での光の乱反射によって、視界にかすみがかかったようにぼやけて見えます。物が二重に見えることもあります。

 

メガネを新調しても視力が上がらない
見えにくいのを老眼が進んだせいだと思ってメガネを買い替えても視力は回復しない。

 

また、他人から最近化粧が濃くなったと言われて、そんなはずはないと思っていたが、白内障の手術をしてから何故そう言われたかが分ったという女性もいます。鏡に映る自分の顔がかすんで見えていたのです。

 

他人から歩き方が遅くなったと言われ、やはり白内障の手術の後でその理由が分ったという人もいます。周囲や足元がかすんで見えるので早く歩くのが怖く、自然とゆっくり歩くようになっていたのです。

 

視界のかすみやぼやけ、ネオンサインや街灯がにじんで見えることに気づいたら、一度眼科検診を受けてみましょう。

 

白内障と診断されたら、手術が必要なほどに進行していないときは、抗酸化目薬のキャンC(Can-C)などの医薬品目薬で進行を遅らせることができます。

関連ページ

白内障になりやすい年齢はいつごろ?
白内障は目の水晶体が白く濁ってものが見えにくくなる病気です。加齢とともに抗酸化作用化が衰えてくるのが原因で、すべての人に現れる症状です。
糖尿病白内障って何ですか?
白内障は加齢によって誰にも症状が現れる病気ですが、糖尿病の人は白内障の進行が早くなる傾向があります。その場合は、白内障の病状の観察も手術も注意深く行うことが必要になるので、普通の白内障と区別して、糖尿病白内障と呼ばれます。
白内障と緑内障の関係を知ろう
白内障と緑内障はどちらも目の病気で、高齢者がかかりやすいことも共通していますが、原因も治療法も違うまったく別の病気です。突然ですが、次にあげた病気の説明は白内障と緑内障のどちらの説明か当ててみてください。
白内障に気づかないと交通事故のリスクが3倍に
白内障は眼の水晶体のタンパク質が白く濁って、物が見えにくくなる病気です。加齢で身体の抗酸化作用が低下するのが原因で、60歳を過ぎると誰にでもその兆候が現れてきます。