禁煙するメリット

お薬のことなら、くすりエクスプレス

禁煙の決意を固める「メリット」の数々

禁煙するとどんなメリットがあるの?と質問する人は、それしだいでは禁煙しようと考えている、というより禁煙するつもりなのでその決意を後押ししてほしい、ということなのでしょうね。

 

分りました。禁煙のメリットをずらりと並べてご覧に入れますので、これをプリントアウトして壁に貼って、ニコチンの誘惑に負けそうになったときに読み直してください。

 

肺がんのリスクが減るとか血圧が下がるなどの健康上のメリットはもちろんたくさんありますが、そういう話はおそらく耳にタコができるほど聞かされているでしょうから、ここではそれ以外のメリットをあげることにしましょう。

 

・タバコ代がかからない
・タバコの値上げが気にならない
・長生きして、納めた年金の元が取れる
・がん保険の掛け金が安くなる
・ご飯が美味しくなる(ただし太らないように気をつけてください)
・衣服や部屋がタバコ臭くなくなる
・口臭が減る
・血行が良くなり勃起にも良い
・息切れしなくなり、カラオケで声が出るようになる
・肌の調子が良くなる
・よく眠れるようになり、目覚めもスッキリ
・仕事に根気と集中力が出る
・歯が白くなる
・指にライターだこができない
・タバコを吸える場所を探す必要がなくなる
・人に迷惑をかけていると言われなくて済む

・家族に疎外されない(ベランダで喫ってと言われない)
・ヤニで黒くなった肺の写真を見せられてもビビらないで済む
・服のポケットにタバコの粉がたまらない
・自分は意志が強いと思える
・禁煙できない人に説教できる
・子供にタバコなんて吸うなと説教できる
・子どもがライターで遊んで火事を出す心配がない

 

などなど、探せばまだまだありそうです。思いついたときにここに足していきましょう。

関連ページ

どうして禁煙治療にチャンピックスが選ばれるのか?
なぜチャンピックスが選ばれるのか?芸能人の「舘ひろしさん」が数十年の喫煙歴を持ちながら、チャンピックスのおかげで禁煙できたことで有名になった禁煙補助薬がチャンピックスです。
禁煙できないのはニコチン依存症!
ニコチン依存症は病気です!禁煙外来に行くと、医師はいくつかの質問をして受診者がニコチン依存症かどうかを診断します。タバコを止めたくて来ている人にわざわざ「あなたはニコチン依存症です」と宣言するのもくどいようですが、これは治療前に必要な手続きなのです。
怖いCOPD(慢性閉塞性肺疾患)とは?
COPDとは?慢性気管支炎と肺気腫の症状を併せ持つ病気で、長年の喫煙や大気汚染環境などで発症、悪化します。咳やタンなどの症状から、悪化すると息切れや呼吸困難が強くなり、日常生活にも大きな影響がでます。重症になると常時酸素吸入が必要になり、生命にかかわることもあります。
タバコが作る 老け顔 通称スモーカーフェイスとは?
女性の喫煙者にはちょっとショックな「比較検証」の結果が発表されました。それは双子の喫煙者と非喫煙者を比べると、喫煙者の方が「老け顔」になるというものです。これをスモーカーフェイスと呼びます。
禁煙外来で使っている新しい禁煙補助薬って何?
禁煙サポート薬というとニコチンガムや皮膚に貼るニコチンパッチを思い浮かべる人が多いと思いますが、いま禁煙外来ではこういう「ニコチン置換法」を使用した禁煙指導をしている所はほとんどありません。
タバコを吸うとメタボになりやすい6つの理由
喫煙習慣のある人はメタボリックシンドロームになりやすいと言われたら、あなたならどう思いますか? 「タバコを止めたら太ったという話はよく聞くが、タバコを吸うとメタボになるという話は聞いたことがない」という人が多いかもしれません。