禁煙外来で使っている新しい禁煙補助薬って何?

お薬のことなら、くすりエクスプレス

ニコチンをまったく使わない禁煙法

禁煙サポート薬というとニコチンガムや皮膚に貼るニコチンパッチを思い浮かべる人が多いと思いますが、いま禁煙外来ではこういう「ニコチン置換法」を使用した禁煙指導をしている所はほとんどありません。

 

ニコチン置換法は、タバコ以外の手段で少量のニコチンを摂取して禁煙の離脱症状(禁断症状)を緩和しようという方法ですが、ニコチン依存症をニコチンを使って治すという発想にはやはり矛盾があります。タバコは止めたけどニコチンガムが止められなくなったという別の依存を生むリスクもあります。

 

いま禁煙外来で主流になっている禁煙補助薬は、ニコチンをまったく含まない「チャンピックス」(成分名はバレニクリン酒石酸塩)という薬です。この薬には

 

@ 脳のニコチン受容体をブロックするので、タバコを吸っても美味しく感じない
A ニコチン受容体を刺激して少量のドーパミンを放出させ、ニコチンへの欲求を弱める

 

という作用があります。

タバコを吸っても美味しく感じないのがミソ

チャンピックスは2006年にアメリカで承認され、日本では2008年に承認されたばかりの新しい薬です。タバコを吸っても美味しく感じなくなるのというのがミソで、禁煙成功率はニコチン置換法よりかなり良いようです。

 

チャンピックスは、最初の3日間は以前のようにタバコを吸いながら服用し、続く4日間は本数を減らして服用します。4〜5日目からはタバコを吸っても以前よりは美味しく感じなくなります。このように、第1週でタバコはそんなに美味しいものではないという記憶を作っておいて、第2週目から完全に禁煙し、12週間薬を服用します。禁煙1カ月目くらいに一時的にニコチンへの誘惑が強くなることがありますが、それをクリアすると1日1日禁煙成功に近づきます。

 

禁煙外来でニコチン依存症と診断されると健康保険でチャンピックスを処方してもらえます。ただし、前回の受診(初診)から1年以内にまた受診する場合は自由診療となり健康保険は適用されません。

関連ページ

どうして禁煙治療にチャンピックスが選ばれるのか?
なぜチャンピックスが選ばれるのか?芸能人の「舘ひろしさん」が数十年の喫煙歴を持ちながら、チャンピックスのおかげで禁煙できたことで有名になった禁煙補助薬がチャンピックスです。
禁煙できないのはニコチン依存症!
ニコチン依存症は病気です!禁煙外来に行くと、医師はいくつかの質問をして受診者がニコチン依存症かどうかを診断します。タバコを止めたくて来ている人にわざわざ「あなたはニコチン依存症です」と宣言するのもくどいようですが、これは治療前に必要な手続きなのです。
怖いCOPD(慢性閉塞性肺疾患)とは?
COPDとは?慢性気管支炎と肺気腫の症状を併せ持つ病気で、長年の喫煙や大気汚染環境などで発症、悪化します。咳やタンなどの症状から、悪化すると息切れや呼吸困難が強くなり、日常生活にも大きな影響がでます。重症になると常時酸素吸入が必要になり、生命にかかわることもあります。
禁煙すると具体的にどんなメリットがあるの?
禁煙するとどんなメリットがあるの?と質問する人は、それしだいでは禁煙しようと考えている、というより禁煙するつもりなのでその決意を後押ししてほしい、ということなのでしょうね。
タバコが作る 老け顔 通称スモーカーフェイスとは?
女性の喫煙者にはちょっとショックな「比較検証」の結果が発表されました。それは双子の喫煙者と非喫煙者を比べると、喫煙者の方が「老け顔」になるというものです。これをスモーカーフェイスと呼びます。
タバコを吸うとメタボになりやすい6つの理由
喫煙習慣のある人はメタボリックシンドロームになりやすいと言われたら、あなたならどう思いますか? 「タバコを止めたら太ったという話はよく聞くが、タバコを吸うとメタボになるという話は聞いたことがない」という人が多いかもしれません。