タバコを吸うとメタボになりやすい6つの理由

お薬のことなら、くすりエクスプレス

メタボになる確率が2〜3.4倍

喫煙習慣のある人はメタボリックシンドロームになりやすいと言われたら、あなたならどう思いますか? 「タバコを止めたら太ったという話はよく聞くが、タバコを吸うとメタボになるという話は聞いたことがない」という人が多いかもしれません。

 

しかし、大阪府立健康科学センターの「喫煙指導のポイント」という資料によると、非喫煙者に比べで喫煙者はメタボリックシンドロームになる確率が、
・1日10〜19本の喫煙で1.98倍
・1日20〜39本の禁煙で3.04倍
・1日40本以上の喫煙で3.40倍

 

になるとされています。(35〜65歳の男女5,033人を対象に調査)

タバコを吸うとメタボになりやすい6つの理由

・喫煙すると、副腎皮質ホルモンのコルチゾールが増加し、それによって血糖値が上昇して内臓脂肪が増える。

 

・喫煙すると、男性は男性ホルモンが減少し、女性は女性ホルモンが減少するので、内臓脂肪が蓄積しやすくなる。

 

・喫煙すると、善玉のサイトカインであるアディポネクチンが減少し、悪玉のTNFαが増加して、インスリン抵抗性が高まる(つまり、過食や運動不足で内臓脂肪が蓄積したのと同じようにインスリン抵抗背が高くなって血糖値が上昇しやすくなる)

 

・喫煙によってリポ蛋白分解酵素の活性が低下し、脂質代謝異常(中性脂肪の増加やHDLコレステロールの減少など)を引き起こす。

 

・喫煙すると、交感神経が緊張するので、アドレナリンなどのストレスホルモンが増加を介して血糖が上昇する。また、交感神経の緊張によって血圧も上昇します。

 

・喫煙者は内臓脂肪蓄積につながる身体活動の不足や食生活の乱れ(朝食欠食、早食い、飲酒など)を併せ持つことが多い。

 

最後のポイントは人によると言わなければなりませんが、最初の5ポイントはまさにメタボリックシンドロームの4要因である<高血糖・高血圧・高脂血・内臓脂肪の蓄積>のリスクを上昇させるものです。

 

タバコを吸うと食欲がなくなるから太らなくていいなどと言っている人は、考え直す必要がありそうですね。

喫煙が原因となる病気

タバコは有害無益と言われるほど健康被害のリスクが高い嗜好品ですが、以下のような健康被害と関連付けされています。

 

・ED(勃起不全、勃起力の低下)
・しわ(目じりのしわ、口の周りのしわ)
・歯・歯ぐきの黄色い着色、口臭
・ニコチン依存症
・うつ病
・ストレス心筋梗塞
・高血圧
・動脈硬化
・糖尿病
・メタボリックシンドローム
・バセドウ病
・胃潰瘍
・胃がん
・骨粗しょう症
・脳卒中
・口腔癌・咽頭がん

・喉頭がん
・食道がん
・肺がん
・慢性閉鎖性肺疾患(COPD)
・肺炎
・子宮頸がん

関連ページ

どうして禁煙治療にチャンピックスが選ばれるのか?
なぜチャンピックスが選ばれるのか?芸能人の「舘ひろしさん」が数十年の喫煙歴を持ちながら、チャンピックスのおかげで禁煙できたことで有名になった禁煙補助薬がチャンピックスです。
禁煙できないのはニコチン依存症!
ニコチン依存症は病気です!禁煙外来に行くと、医師はいくつかの質問をして受診者がニコチン依存症かどうかを診断します。タバコを止めたくて来ている人にわざわざ「あなたはニコチン依存症です」と宣言するのもくどいようですが、これは治療前に必要な手続きなのです。
怖いCOPD(慢性閉塞性肺疾患)とは?
COPDとは?慢性気管支炎と肺気腫の症状を併せ持つ病気で、長年の喫煙や大気汚染環境などで発症、悪化します。咳やタンなどの症状から、悪化すると息切れや呼吸困難が強くなり、日常生活にも大きな影響がでます。重症になると常時酸素吸入が必要になり、生命にかかわることもあります。
禁煙すると具体的にどんなメリットがあるの?
禁煙するとどんなメリットがあるの?と質問する人は、それしだいでは禁煙しようと考えている、というより禁煙するつもりなのでその決意を後押ししてほしい、ということなのでしょうね。
タバコが作る 老け顔 通称スモーカーフェイスとは?
女性の喫煙者にはちょっとショックな「比較検証」の結果が発表されました。それは双子の喫煙者と非喫煙者を比べると、喫煙者の方が「老け顔」になるというものです。これをスモーカーフェイスと呼びます。
禁煙外来で使っている新しい禁煙補助薬って何?
禁煙サポート薬というとニコチンガムや皮膚に貼るニコチンパッチを思い浮かべる人が多いと思いますが、いま禁煙外来ではこういう「ニコチン置換法」を使用した禁煙指導をしている所はほとんどありません。