育毛剤(AGA治療薬)の比較

お薬のことなら、くすりエクスプレス

育毛剤の比較 AGA(男性型薄毛症)とは

AGAとは英語でAndrogenetic Alopeciaと言い、「男性型薄毛症」を意味します。

 

思春期以降に前頭部の「生え際」や「頭頂部」における髪が薄くなってくる症状で、成人男性によくみられる薄毛症状です。

 

一般的には、AGA(男性型薄毛症)の原因は男性ホルモンの影響が主要な原因とされており、特に30代〜50代の男性によくみられ、薄毛や抜け毛に悩む男性の大部分がAGAと言えます。

 

日本国内だけでもAGAの方は1300万人ほどおり、毛髪の成長サイクル(周毛期)が短くなることで、髪が十分成長する前に脱毛し、全体的に薄毛症状が発症するのがAGAです。

AGA治療に有効な成分は?

AGA(男性型薄毛症)は進行するため、薄毛症状は放っておくと悪化しますが、AGA治療に有効と証明されている成分を取ることでAGAを抑制し、育毛、増毛効果を期待することができます。

 

AGAに有効な成分は「フィナステリド」と「ミノキシジル」で、両方を含んだ医薬品や塗り薬はなく、著名な育毛薬として「プロペシア」「ロゲイン(ロゲインジェネリック)」「フィンペシア」等があります。

 

「フィナステリド」は抜け毛の原因となる「男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)」の発生を抑えることでAGAの進行を阻害します。

 

一方、「ミノキシジル」は頭皮の毛細血管を拡張し、血流を促進して毛根から活性化することで高確率で発毛を促進する成分です。

 

フィナステリド、ミノキジルはAGAの阻止、発毛活性化という別の角度から育毛を促進するため、両方を併用している方が多い育毛成分です。

 

また、ミノキシジルには「塗り薬」と「錠剤タイプ」があり、錠剤タイプ(商品例:ロニタブ)の使用により、塗り薬では効果がないとされている「前頭部(生え際)」の薄毛治療にも効果を発揮したと言うユーザーの声も聞かれています。

関連ページ

ED治療薬の比較
ED(勃起障害)とは?D(勃起障害)とは「満足のいく性行為に十分な勃起を達成できない、もしくは維持できないこと」で、日本国内では、重度のED症状(まったく勃起しない)、中等ED症状(しばしばできない、中折れする)を合計すると1,100万人以上と言われています。
ダイエット薬の比較
ダイエット薬(肥満治療薬)とは?医薬品として販売、処方されている「ダイエット薬(肥満治療薬)」には大きく分けて2つのタイプがあります。
避妊ピルの比較
避妊ピルと避妊。ホルモン剤は「値段が高そうだし、太る」のでは、、、というようなイメージをお持ちの方が日本には多いのではないでしょうか。避妊ピルが「子宮内膜ガン」や「卵巣ガン」のリスクを下げる事は、よく知らされています。
抗うつ剤・不眠症治療薬の比較
こころの病気には様々な種類、症状があります。原因もストレスがきっかけの場合や、体の病気と関連している場合もあります。症状には「自分で気づきやすい症状」「気づきにくい症状」があります。自分で気づきやすい症状は「気持ちの落ち込み」「必要以上の不安」「自信喪失」や「疲れが取れない体のだるさ」「息苦しさ」等がその代表です。