まつげ育毛剤と言えば、セレブ御用達の ルミガン で決まり!

お薬のことなら、くすりエクスプレス

ルミガンとは?

ルミガンは、まつげを太く、長く、濃く成長させる「まつげ育毛剤」の定番です。

 

まつげ育毛剤と言うと、美容クリニックでは「ラティース(Latisse)」が薦められますが、値段が非常に高いため、今では成分ビマトプロストのジェネリックまつげ育毛剤『ルミガン』が1番人気のまつげ育毛剤です。

 

目元の美容、目力アップ、目を大きく見せるには長いまつげが必須ですが、エクステやつけまつげなど『ダメージの大きい』まつげケアは卒業して自然に長い自分のまつげを、という男女が増えている現状があります。

 

まつげ育毛剤ラティース、ルミガンを開発した製造メーカーは米国の製薬会社「アラガン(Allergan)社」で、アイケア以外にも、皮膚科、美容医療、神経科などで活躍する製薬会社です。

ルミガンとラティースの価格比較

 

ラティースは1本(3ml)で12,000円ほどしますが、ルミガンは1本だと『約4,000円』、複数セットで、1本辺り『2,500円以下』になり、長期利用にも経済的な負担を軽減できます。

ケアプロストとは?

まつげ育毛剤では、『ルミガン』が近年高い人気を誇りますが、ジェネリック大国『インド』の製薬メーカー『サンファーマ社』が開発した、ケアプロストも日本での人気が高まっている商品です。

 

ジェネリックとは有効成分が同じ医薬品で、オリジナル新薬より価格が低く設定されています。ケアプロストもルミガンやラティースと同じく、成分『ビマトプロスト』配合で、同等のまつげ育毛効果が期待できます。

 

ケアプロストはジェネリックのため価格が少し低く、ラティースと比較するとまつげ育毛コストが大幅に低くなったことがうかがえます。

まつげを長くする方法は3つあります

まつげを長く濃くしたいのは何も女性だけではありません。多くの男性が目力のアップ、目を大きく見せて好印象を与えるためにまつ毛を長く見せたいのです。

 

女性の場合、まつげを長くするには「つけま(つけまつげ)」、「まつエク(まつげエクステ)」と、美容クリニックで定番の「まつげ育毛剤(ルミガン・ケアプロスト・ラティース)」があります。

 

男性の場合、よほどのケースでなければつけまつげやエクステはしませんので、最近ではまつげ育毛剤を使用する男性が増えているようです。

 

美容クリニックでは『ラティース』と呼ばれるビマトプロスト配合のまつげ育毛剤が購入できますが、非常に値段が高いため、最近ではジェネリック商品の『ルミガン』『ケアプロスト』が大人気!

まつげ育毛剤のメリットは?

自身の自然なまつげが長く、濃く伸びるため、まつげエクステやつけまつげの使用でまつげを痛める必要がない。

 

頭髪の育毛同様、まつげの毛根に栄養素を与えることで、抜けにくい丈夫なまつ毛にできる。

 

エクステ、つけまつげのような不自然なまつ毛ではなくなる。

 

自然なまつげのため、エクステ、つけまつげのように手でこすっても取れる心配がない。

 

まつげが伸びることで、まつげメイクの時間が大幅に短縮される

 

ラティースは高いが、ルミガン、ケアプロストは数分の一の値段で負担が低い。

 

周りが羨むような自然で立派なまつげになる

 

有効成分のビマトプロストは、世界中でまつげ育毛剤として実績がある

 

寝る前に塗るだけなので生活に支障がない

関連ページ

ケアプロスト
まつげ育毛剤おすすめはケアプロストで決まり!「ケアプロスト」はまつ毛育毛剤で、「ルミガン」と同じ「ビマトプロスト(Bimatoprost)0.03%」を成分としたまつげ育毛剤のジェネリック商品です。ルミガン同様、開発当初は緑内障の治療薬でしたが、使用者のまつげが成長したことから、今ではまつげ育毛剤として幅広く使用されています。
ケアプロストは成分も同じで何よりお手頃価格
エクステ歴も7年くらいで、やはりエクステが続くとまつ毛が傷んで切れてしまったり、明らかに本数も減ったりで悩みの種でしたが、今は自まつ毛のケアとしてケアプロストを使ってます。寝る前に専用の筆で一滴をまつ毛の根元に塗るだけの簡単ケアで、個人差はありますが、1ヶ月後ぐらいには自まつ毛が濃くなってハリが出てるのが明らかにわかります。
最近まつげの元気がない、短い、少ない
まつげは頭髪と同じです。パーマをかけたり引っ張ったり、刺激を与え続けると疲弊します。特に毎日エクステやビューラーを使ってる女性は要注意。エクステ無しで人前に出られないのは異常です。
まつ毛の育毛ができるって本当ですか?
まつげ育毛ができるって本当?ルミガン(成分はビマトプロスト)はもともと眼圧を下げて緑内障を治療する目薬でしたが、この薬を使用している人のまつ毛が伸びたり、濃くなったりする「副作用」があることが分り、米国FDAでは2008年に美容目的の使用も承認しました。