フォビカルは代表的なダイエット薬「ゼニカル」のジェネリック医薬品です。

お薬のことなら、くすりエクスプレス

フォビカルの特徴は?油をブロック!我慢しないダイエット!

ダイエットダイエット中も我慢したくない方に

 

肥満深刻な肥満にお悩みの方に

 

手軽 ダイエット手軽にダイエットしたい方

 

油をブロック!我慢しないダイエット!食べても脂肪分の吸収を30%カット

 

フォビカルは代表的なダイエット薬「ゼニカル」のジェネリック医薬品です。

フォビカルの商品詳細

「フォビカル」 は、「ゼニカル」(スイス:ロシュ社製)のジェネリック医薬品で、ゼニカルと同じ「オルリスタット(Orlistat)」を主成分とした肥満治療薬です。

 

フォビカル は摂取した食べ物の脂肪吸収を約30%カットするアメリカFDAの承認を受けた医薬品です。

 

フォビカル は高血圧や高コレステロール、高血糖の改善薬としても知られています。フォビカル を食事中に服用すると、体内で吸収されなかった脂肪分を便と一緒に排泄します。

 

フォビカル は、食欲を抑制するのではなく、体内で脂肪が吸収阻害することによって ダイエット 効果を発揮します。

 

オルリスタット は、胃腸の中のリパ−ゼと呼ばれる脂肪分解酵素の働きを長時間にわたって抑え、食べた脂肪を腸に吸収させず体外へ排泄させます。

 

また通常の食事が可能ですので、ストレスによるリバウンドの心配もありません。 オルリスタット は脂分分解後の成分と結合して対外に排出されるので、身体への負担が小さく、年齢や性別を問わないというメリットがあります。

フォビカルの効能効果と服用方法

肥満治療薬

 

一般的には1回120mgを1日3回、脂肪を含む主な食事の際(食事中あるいは食後1時間以内)に服用します。使用の際には食事の栄養バランスを考え、脂肪の多く含む(30%以上)食品は減らすように心掛けて下さい。

 

また脂肪、炭水化物、タンパク質は3回の食事で分散してとるようにして下さい。もし、食事を抜く場合、あるいは脂肪を含まない食事をとったような場合は、オルリスタットを服用しないで下さい。

 

なお、症状の程度や体重等によって、服用する量や期間が決まります。服用は必ず医師の指導のもとで行って下さい。

フォビカル 副作用

オルリスタット の主な副作用としては、脂肪分と同時に脂溶性栄養素の吸収も抑制してしまうため、 オルリスタット を服用すると脂溶性ビタミンであるビタミンA、D、E、Kが不足しがちになることがあげられます。

 

ですので フォビカル を服用する際には、それらを含むマルチビタミンなどを積極的に摂ることをお薦めします。オルリスタット服用の2時間前、あるいは2時間後の寝る前などにこれらを摂取するようにしましょう。

 

そのほか、オルリスタット は、小腸で不要な脂肪分と結合し、体外に排出するという働きを持っているため、以下のような副作用が生じることがあります。

 

オイルスポット、鼓腸、急な便意、油分の除去、排便の増加、便失禁、直腸からの漏れ、上部呼吸器感染、脂肪便、ガスによる胃腸の膨満、放屁

フォビカル 使用上の注意

オルリスタットに対しアレルギーのある方は服用しないで下さい。

 

吸収不全症候群、食物アレルギーなどの症状がある、臓器移植を受けた、血液抗凝固薬・抗血栓薬(ワルファリン/ワーファリン・ヘパリンなど)を服用している、糖尿病、甲状腺疾患などの病歴がある方は、服用前に医師に必ずご相談下さい。

 

1日3回120mgの服用量を超えても、効果は変わりませんのでご注意下さい。

 

副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

個人輸入、中身がわからない梱包、局留め対応

フォビカルの個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人使用に限定し輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。

 

お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るために商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。

 

ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

関連ページ

ラシックス の気になる 副作用 は?
ラシックスの副作用は?主な副作用として、多尿、口の渇き、倦怠感、脱力感、頭痛、吐き気、嘔吐、代謝異常、食欲不振、下痢、めまい、知覚異常、味覚異常などが特徴的なものとして挙げられます。
ゼニカル 副作用
ゼニカルの副作用をご説明。オルリスタット の主な副作用としては、脂肪分と同時に脂溶性栄養素の吸収も抑制してしまうため、 オルリスタット を服用すると脂溶性ビタミンであるビタミンA、D、E、Kが不足しがちになることがあげられます。