お薬のことなら、くすりエクスプレス

ピルはどんな薬なのですか?

ピルはどんな薬

女性クリニックでは1シート3,000円以上する定番の低用量ピルトリキュラーや、マーベロン、緊急避妊薬モーニングアフターピルのアイピル、ポスティノール、ノルレボなどを低価格で通販いただけます。

 

避妊ピルは避妊以外にも、月経痛、月経困難、卵巣がん、子宮内膜症などの予防効果も期待できます。

 

ピルは避妊ようだけではありません

ピル(pill)は「錠剤」のことですが、日本では「避妊用の錠剤」を指すのが普通です。

 

「ピル」は卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つの女性ホルモンが配合されたホルモン剤です。ピルで女性ホルモンを補充することで身体のホルモンバランスが妊娠しているときと同じになり、それによって妊娠を予防(避妊)するのがピルの作用です。

 

このピルのホルモンの配合をできるだけ少なくしたのか「低用量ピル」です。身体への負担が小さく、副作用も少ないのが特徴です。日本ではピルの医薬品としての承認が遅れたことや、現在でも医師に処方してもらわないと買えないことなどから、欧米に比べるとピルの普及率が低く、ピルについての誤解や偏見もまだあります。

 

しかし、低用量ピルが開発され、メリットについての理解が深まるとともに、日本でも使用する女性が徐々に増えています。


避妊ピル・アフターピル

ピル・避妊薬

避妊や月経困難症、月経過多、月経不順

 

子宮内膜症の治療、生理周期の変更

 

肌荒れ、貧血、にきびの改善などに使われる

 

副作用の少ない低用量ピル(経口避妊薬)の

 

トリキュラーやマーベロン、緊急用の

 

モーニングアフターピルの定番アイピル

 

など、売れ筋の避妊ピルを厳選してご提供


低用量ピルについて

低用量ピルとは、生理不順などでお悩みの方に使用されたり、避妊薬としても使用されるお薬です。一般的な治療目的では、生理不順に使用し、保険の適応外で避妊にも用いられます。

 

保険が適応されるケースでは、月経周期の異常や月経困難、生理の回数が多いなどが該当します。  

 

低用量ピルとは別に「アフターピル」という経口避妊薬があります。性交渉後、避妊に失敗した時に使用するお薬です。

 

別名「緊急避妊ピル」とも呼ばれており、服用時間が早いほど避妊の成功率が上がります。低用量ピルに対して服用する回数やタイミングが異なりますので、間違えないよう注意してください。

 

低用量ピルを服用する方は、10〜40代の月経期では、ストレスなどによりホルモンバランスが乱れて生理不順を起こるのに対して服用することがあります。更年期の女性は、閉経後に起こるかもしれない更年期障害に対して服用します。妊娠を希望しない方に対しても服用することがあります。

 

効能および効果について、低用量ピルは決められた順番で服用することにより、妊娠を回避する飲み薬です。2種類の女性ホルモンを含んでいます。ひとつは、卵胞ホルモンでエストロゲンに似た成分を含んでいます。

 

もう一つは、黄体ホルモンでプロゲステロンに似た成分を含んでいます。これらの量を調節して、性腺刺激ホルモンという排卵を促すホルモンを抑えて、排卵をストップさせます。

 

この作用で、月経困難な方や生理不順に効果があります。そのほか、避妊が成立する効果があります。

 

低用量ピルを服用するタイミングは、@毎日定期的に服用するパターンと、A21日間連続で服用した後7日間お薬を飲まないパターンの2種類あります。
服用する際は間違えないよう注意してください。飲み忘れてしまった場合、通常の飲み忘れの場合と飲み方が異なります。

 

また、1日飲み忘れた場合と2日以上飲み忘れた場合でも飲み方が異なりますので注意してください。 副作用に不正出血のほか、吐き気や頭痛、乳房の痛みや不快感があります。

 

また重大な副作用として、血栓症という血の固まりができることがあります。血管の中でできた血の固まりが、足や脳、肺、心臓に移動すると危険ですので、定期的に血液検査など行うことが重要です。

 

そのため、婦人科での定期的な受診をするようにしてください。低用量ピルを服用できない方がいます。

 

35歳以上でタバコを1日15本以上吸われる方は、心筋梗塞などの心臓血管疾患になるリクスが上昇する為、低用量ピルを服用することができないことになっています。

ピルの成分は?ピルには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストーゲン)の2種類の女性ホルモンが配合されています。女性は毎月、排卵と月経をくり返しますが、それをコントロールしているのがこの2つの女性ホルモンです。月経の後は卵胞...

dummy

ピルは毎日忘れずにのむことがいちばん大切です。21日間服用して7日間服用を休むのが基本ですが、その7日間に偽薬を飲む「28錠タイプ」の薬もあります。ピルの服用でもう1つ注意しなければいけないのは、服用開始のタイミングです。月経の初日に飲み始...

ピルを服用すると毎月の値段はどれくらい?ピルは1シートが28日分なので、1シートの価格が毎月の値段ということになります。病院でピルを処方してもらうときの1シートの価格は、病院によって異なりますが2000〜3000円くらいです。初診のときは薬...

dummy

授乳中はピルの服用をひかえて、コンドームなど他の手段で避妊することがすすめられています。とくに産後6ヶ月以内はピルの服用をひかえる必要があります。100%母乳で育児をしている場合は、母体は出産後6ヶ月は排卵を抑制するホルモンが分泌されるので...

dummy

避妊以外のピルの効果は?ピルの服用には避妊以外に次のような二次的な効果があります。生理に関する二次効果生理不順の改善生理痛(月経困難症)の改善生理前のイライラなどのPMS(月経前症候群)の改善月経血の減少不正出血の改善ホルモンバランスの改善...

dummy

ピルと他の避妊手段との比較避妊の方法を選ぶ基準は「確実性」と「簡便性」です。この2つを備えていないと現実的な避妊法とはいえません。その意味で、避妊法はいろいろありますが、まず選択肢となるのはコンドームとピルと言ってよいでしょう。出産経験のあ...

dummy

ピルのメリット避妊に男性の協力が要らない。ピルの場合は男性の協力が必要ないのはもちろんですが、避妊していることを告げたくなければ告げる必要もありません。セックスのたびの避妊手段をとる必要がない。コンドームのようにセックスの前に準備しておく必...

dummy

1960年に世界で初めてアメリカでピルが経口避妊薬として承認されました。1973年には副作用の少ない低用量ピルが開発されて、欧米各国で経口避妊薬としてのピルの使用が広がりました。しかし日本では1990年に承認が申請されてから9年という長期審...

dummy

アフターピルまたはモーニングアフターピルは、性行為の後に服用する緊急避妊用のピルです。次のようなケースでアフターピルが必要になります。避妊せずにセックスしたが、妊娠が心配になった。コンドームが破損したなど、避妊手段が完全でなかった可能性があ...

dummy

妊娠のしくみ妊娠はセックスの後に「受精」と「着床」という2つの関門をクリアーすることで初めて成立します。したがって<避妊>は受精をさまたげるか、受精が成立したとしても着床をさまたげることで成功します。正しく避妊するためには、妊娠が成立するま...

避妊ピルと避妊 ホルモン剤は「値段が高そうだし、太る」のでは、、、というようなイメージをお持ちの方が日本には多いのではないでしょうか。以下の数字が示す通り、日本では避妊ピルの服用率は先進国と比較して非常に低いのが現状です。・日本:約1〜2%...

dummy

ホルモンバランスの安定によってさまざまな健康効果が経口避妊ピルには、副作用が少ない低用量ピルにも、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストーゲン)の2種類の女性ホルモンが配合されています。これらの女性ホルモンを少量ずつ補充する...

dummy

昨夜はつい勢いでコンドームなしでセックスしてしまったけど大丈夫かしら? こんな不安な気持ちで次の生理を待っているのは良くありません。それでも生理が来たらまだしも、もし妊娠していたら倫理的にも経済的にもたいへんやっかいな問題が待ち構えています...

dummy

国連加盟国で最後まで低用量ピルを承認しなかった国2013年の国連人口部の統計によると、避妊手段として経口避妊ピルを使用する人がもっとも多いのはヨーロッパで、フランス41%、ドイツ37%、イギリス28%となっています。アメリカは16%で、ピル...

ピル(pill)は「錠剤」のことですが、日本では「避妊用の錠剤」を指すのが普通です。「ピル」は卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つの女性ホルモンが配合されたホルモン剤です。ピルで女性ホルモンを補充することで身体のホルモンバランスが妊娠してい...

dummy

生理痛は女性の90%が経験する痛みだと言われています。強い生理痛があるときは子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が原因のことがありますが、そうでない場合は子宮内膜を排出するための子宮の動きにともなう「機能性の生理痛」です。生理痛の7割は機能性の痛...

dummy

女性の4〜5人に1人は発症する、婦人科系ではもっとも多い病気です。子宮筋腫は良性の腫瘍で生命には関わりませんが、強い生理痛の原因になります。これから子どもを作ろうという女性にとっては不妊症の原因になります。筋腫の大きさや数は人によって違いま...

dummy

寿退社を別にすると、女性の中途退社の理由でもっとも多いのは「人間関係がうまくいかない」ことです。しかし、最近指摘されているのは、この中にPMS(月経前症候群)が原因でのトラブルが相当数含まれているのではないかということです。月経前に何らの不...

dummy

女性のイライラが月経に関係があるのは昔から経験的に知られていました。会社でお局的な女性がイラついて当り散らしていたりすると「生理前なんだろう」と陰口を言われたものです。このような症状は最近はPMS(月経前症候群)と呼ばれています。PMSは月...

dummy

何の理由もなく突然大量の汗をかくのは、更年期障害によくある症状です。不定愁訴などと言われるくらいさまざまな症状がある更年期障害ですが、もっともよくあるのが突然の発汗、顔のほてり、のぼせの三症状です。これらを合わせてホットフラッシュともいいま...

dummy

過去60年間で最低の中絶件数これまで日本は欧米に比べて「人工妊娠中絶天国」だと言われてきたので、今でもそうとう多いのかと思っていたら、意外にも最近は中絶の数がどんどん減っているといいます。厚生労働省の発表によると、平成25年度に全国で行なわ...

TOPへ