女性の人生の質を高めるピルを知ろう!

お薬のことなら、くすりエクスプレス

ピルはどんな薬なのですか?

ピルは避妊ようだけではありません

ピル(pill)は「錠剤」のことですが、日本では「避妊用の錠剤」を指すのが普通です。

 

「ピル」は卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つの女性ホルモンが配合されたホルモン剤です。ピルで女性ホルモンを補充することで身体のホルモンバランスが妊娠しているときと同じになり、それによって妊娠を予防(避妊)するのがピルの作用です。

 

このピルのホルモンの配合をできるだけ少なくしたのか「低用量ピル」です。身体への負担が小さく、副作用も少ないのが特徴です。日本ではピルの医薬品としての承認が遅れたことや、現在でも医師に処方してもらわないと買えないことなどから、欧米に比べるとピルの普及率が低く、ピルについての誤解や偏見もまだあります。

 

しかし、低用量ピルが開発され、メリットについての理解が深まるとともに、日本でも使用する女性が徐々に増えています。

避妊ピル・アフターピル

ピル・避妊薬

避妊や月経困難症、月経過多、月経不順

 

子宮内膜症の治療、生理周期の変更

 

肌荒れ、貧血、にきびの改善などに使われる

 

副作用の少ない低用量ピル(経口避妊薬)の

 

トリキュラーやマーベロン、緊急用の

 

モーニングアフターピルの定番アイピル

 

など、売れ筋の避妊ピルを厳選してご提供


ピルの基礎知識!女性の人生の質を高めるピルを知ろう!記事一覧

ピルの成分は?ピルには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストーゲン)の2種類の女性ホルモンが配合されています。女性は毎月、排卵と月経をくり返しますが、それをコントロールしているのがこの2つの女性ホルモンです。月経の後は卵胞ホルモンの分泌が増えて、子宮内膜を充実させるとともに排卵の準備が進みます(卵胞期)。排卵の後は黄体ホルモンの分泌が増えて、受精卵を子宮内膜に着床させる準備が進み...

ピルは毎日忘れずにのむことがいちばん大切です。21日間服用して7日間服用を休むのが基本ですが、その7日間に偽薬を飲む「28錠タイプ」の薬もあります。ピルの服用でもう1つ注意しなければいけないのは、服用開始のタイミングです。月経の初日に飲み始めるタイプが多いのですか、月経がはじまってからの日曜日に飲み始めるサンデースタートなどの飲み方もあります。薬の説明書をよく読んで間違えないように注意しましょう。...

ピルを服用すると毎月の費用はどれくらい?ピルは1シートが28日分なので、1シートの価格が毎月の費用ということになります。病院でピルを処方してもらうときの1シートの価格は、病院によって異なりますが2000〜3000円くらいです。初診のときは薬代以外に2500円前後かかりますが、これも病院によって異なります。もちろん検査項目が増えると費用も高くなります。検査によっては健康保険が使えるものもあります。イ...

授乳中はピルの服用をひかえて、コンドームなど他の手段で避妊することがすすめられています。とくに産後6ヶ月以内はピルの服用をひかえる必要があります。100%母乳で育児をしている場合は、母体は出産後6ヶ月は排卵を抑制するホルモンが分泌されるので妊娠しにくくなります。しかし、完全に排卵が止まるわけではないので避妊することが必要ですが、この期間にピルを服用すると母乳の量が減るだけでなく母乳成分にも影響が出...

ピルを飲み始めるタイミングには、「Day1スタート」と「Sundayスタート」の2つがあります。Day1スタート 月経初日から飲み始めます。「21錠タイプ」のピルの場合は飲みきった後7日間服用を休んで、29日目から2シート目の服用を開始します。「28錠タイプ」のピルの場合は休まずに服用して、飲みきった翌日から2シート目の服用を開始します。最後の7錠は「偽薬」で女性ホルモンは含まれていません。Sun...

避妊以外のピルの効果は?ピルの服用には避妊以外に次のような二次的な効果があります。生理に関する二次効果生理不順の改善生理痛(月経困難症)の改善生理前のイライラなどのPMS(月経前症候群)の改善月経血の減少不正出血の改善ホルモンバランスの改善による効果不妊症の予防ニキビ、吹き出物の改善美肌効果多毛の改善更年期障害の予防長期服用による二次効果卵巣がん、子宮体がんの予防骨盤内感染症の予防

ピルと他の避妊手段との比較避妊の方法を選ぶ基準は「確実性」と「簡便性」です。この2つを備えていないと現実的な避妊法とはいえません。その意味で、避妊法はいろいろありますが、まず選択肢となるのはコンドームとピルと言ってよいでしょう。出産経験のある女性ではIUD(リング)も有力候補です。避妊法の選択の前に一度確認しておきたいのは、避妊の失敗例ともいえる人工妊娠中絶の数です。厚生労働省の調べでは2012年...

ピルのメリット避妊に男性の協力が要らない。ピルの場合は男性の協力が必要ないのはもちろんですが、避妊していることを告げたくなければ告げる必要もありません。セックスのたびの避妊手段をとる必要がない。コンドームのようにセックスの前に準備しておく必要もないし、装着するする必要もありません。コンドームより避妊の失敗が少ない。ピルは正しく服用しているとほぼ100%避妊できます。コンドームの場合は破損などの事故...

1960年に世界で初めてアメリカでピルが経口避妊薬として承認されました。1973年には副作用の少ない低用量ピルが開発されて、欧米各国で経口避妊薬としてのピルの使用が広がりました。しかし日本では1990年に承認が申請されてから9年という長期審査を経て、1999年にやっと承認されました。そのときには国連加盟国でまだピルが承認されていないのは日本だけという状態でした。これは日本の医学界がピルの使用に慎重...

アフターピルまたはモーニングアフターピルは、性行為の後に服用する緊急避妊用のピルです。次のようなケースでアフターピルが必要になります。避妊せずにセックスしたが、妊娠が心配になった。コンドームが破損したなど、避妊手段が完全でなかった可能性がある。レイプされた。アフターピルは性行為の72時間以内に服用すると妊娠を防ぐことができます。アフターピルの成分は黄体ホルモンという女性ホルモンです。緊急避妊用なの...

女性の性周期について初潮の平均年齢は12歳で、閉経の平均年齢は50歳と言われています。女性は40年ちかく性周期によるホルモンバランスの変化と付き合っていかなければならないわけです。卵巣が成熟して性周期がスタートすると、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つの女性ホルモンが時期をずらして分泌され、「卵胞期」→「黄体期」→「月経期」というリズムが形成され、正確に繰り返さ...

妊娠のしくみ妊娠はセックスの後に「受精」と「着床」という2つの関門をクリアーすることで初めて成立します。したがって<避妊>は受精をさまたげるか、受精が成立したとしても着床をさまたげることで成功します。正しく避妊するためには、妊娠が成立するまでの受精と着床のしくみについて基本的なことを知っておく必要があります。受精と着床をさまたげる避妊法には、『物理的な方法』と『化学的な方法』の2つがあります。物理...

低用量ピルは21錠入りと28錠入りの2種類があります。違いは28錠入りのピルには7錠の偽約(プラシーボ)が入っていることで、それ以外はピルの成分量も含め、全く同じです。21錠入りのピル(例:トリキュラー)を1日1錠、決まった時間帯に飲みます。決まった時間帯に飲むことで、飲み忘れを防げるからで、特にピルの作用が変わるわけではありません。3週間ピルを毎日飲むことで21錠を飲み終えます。4週目はピルを飲...

避妊ピルと避妊 ホルモン剤は「値段が高そうだし、太る」のでは、、、というようなイメージをお持ちの方が日本には多いのではないでしょうか。以下の数字が示す通り、日本では避妊ピルの服用率は先進国と比較して非常に低いのが現状です。・日本:約1〜2% ・ヨーロッパ:30〜60% ・アメリカ:18% ・アジア:5%実際に先進諸国の中で「卵巣がん」の患者さんが増えているのは唯一「日本」のみで、また日本で「子宮内...

ホルモンバランスの安定によってさまざまな健康効果が経口避妊ピルには、副作用が少ない低用量ピルにも、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストーゲン)の2種類の女性ホルモンが配合されています。これらの女性ホルモンを少量ずつ補充することで女性の身体は妊娠しているときと似たホルモンバランスになり、(さらに)妊娠することがなくなるのです。この安定したホルモンバランスによって避妊以外にも、次のよ...

昨夜はつい勢いでコンドームなしでセックスしてしまったけど大丈夫かしら? こんな不安な気持ちで次の生理を待っているのは良くありません。それでも生理が来たらまだしも、もし妊娠していたら倫理的にも経済的にもたいへんやっかいな問題が待ち構えています。性行為の後に避妊することができる薬を緊急避妊薬といい、レイプされたときなどはもちろんですが、コンドームが破損したなど望まない妊娠の可能性があるときに使用されま...

国連加盟国で最後まで低用量ピルを承認しなかった国2013年の国連人口部の統計によると、避妊手段として経口避妊ピルを使用する人がもっとも多いのはヨーロッパで、フランス41%、ドイツ37%、イギリス28%となっています。アメリカは16%で、ピルよりも女性避妊手術の割合が22%と多くなっています。日本人のピルによる避妊の割合は1%で、韓国の2%、中国の1.2%よりも低い世界最低水準です。日本でもっとも多...

ピル(pill)は「錠剤」のことですが、日本では「避妊用の錠剤」を指すのが普通です。「ピル」は卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つの女性ホルモンが配合されたホルモン剤です。ピルで女性ホルモンを補充することで身体のホルモンバランスが妊娠しているときと同じになり、それによって妊娠を予防(避妊)するのがピルの作用です。このピルのホルモンの配合をできるだけ少なくしたのか「低用量ピル」です。身体への負担が小...

生理痛は女性の90%が経験する痛みだと言われています。強い生理痛があるときは子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が原因のことがありますが、そうでない場合は子宮内膜を排出するための子宮の動きにともなう「機能性の生理痛」です。生理痛の7割は機能性の痛みだと言われますが、痛みの程度は人によってさまざまです。痛みが強いときは月経困難症といわれ、病院で治療を受けるたり低用量ピルなどの薬を飲んだりすることが必要です...

女性の4〜5人に1人は発症する、婦人科系ではもっとも多い病気です。子宮筋腫は良性の腫瘍で生命には関わりませんが、強い生理痛の原因になります。これから子どもを作ろうという女性にとっては不妊症の原因になります。筋腫の大きさや数は人によって違いますが、女性ホルモンのエストロゲンの分泌によって起きるので、閉経後は筋腫は小さくなります。しかし、毎月月経のときに強い痛みがあるので、もちろん閉経まで辛抱するとい...

寿退社を別にすると、女性の中途退社の理由でもっとも多いのは「人間関係がうまくいかない」ことです。しかし、最近指摘されているのは、この中にPMS(月経前症候群)が原因でのトラブルが相当数含まれているのではないかということです。月経前に何らの不調が起きるのは多くの女性が経験していますが、それがほとんど毎月現れて生活に支障をきたす場合はPMS(月経前症候群)とよばれます。月経前のホルモン変化は自律神経に...

女性のイライラが月経に関係があるのは昔から経験的に知られていました。会社でお局的な女性がイラついて当り散らしていたりすると「生理前なんだろう」と陰口を言われたものです。このような症状は最近はPMS(月経前症候群)と呼ばれています。PMSは月経が始まる1~2週間前からでる、イライラ、下腹部痛、頭痛、眠気などのさまざまな不快な症状のことです。これらの症状は月経が始まると消えるのが特徴です。女性の4割が...

何の理由もなく突然大量の汗をかくのは、更年期障害によくある症状です。不定愁訴などと言われるくらいさまざまな症状がある更年期障害ですが、もっともよくあるのが突然の発汗、顔のほてり、のぼせの三症状です。これらを合わせてホットフラッシュともいいます。このほか身体に出る症状で多いのが、肩こり、手足の冷え、めまいなどです。精神面に現れる症状としては、憂うつ、不眠、イライラ、集中力の不足などがあります。このよ...

過去60年間で最低の中絶件数これまで日本は欧米に比べて「人工妊娠中絶天国」だと言われてきたので、今でもそうとう多いのかと思っていたら、意外にも最近は中絶の数がどんどん減っているといいます。厚生労働省の発表によると、平成25年度に全国で行なわれた人工妊娠中絶は18万6253件で過去60年間で最も少ない件数でした。これを昭和30年の117万件、平成元年の46万件と比べるとその激減ぶりが分ります。ちなみ...