コンドームとピルを比べたときのメリット・デメリット

お薬のことなら、くすりエクスプレス

コンドームと比べたときのメリット・デメリット

ピルのメリット
避妊に男性の協力が要らない。

 

ピルの場合は男性の協力が必要ないのはもちろんですが、避妊していることを告げたくなければ告げる必要もありません。
セックスのたびの避妊手段をとる必要がない。

 

コンドームのようにセックスの前に準備しておく必要もないし、装着するする必要もありません。
コンドームより避妊の失敗が少ない。

 

ピルは正しく服用しているとほぼ100%避妊できます。コンドームの場合は破損などの事故があるので避妊率は95%前後と言われています。
女性ホルモン剤による副次的な効果がある。

 

ピルを服用していると避妊できる他に、生理痛が軽くなる、月経前症候群が軽くなる、卵巣がんのリスクが低下するなど、さまざまな二次的効果があり女性のQOL(Quality Of Life: クオリティオブライフ)を向上させます。

 

ピルのデメリット
性感染症の予防にはならない。

 

コンドームは避妊の効果の他に性感染症を予防する効果がありますが、ピルにはそのような効果がありません。結婚前で複数のセックスパートナーがいるなどの場合には、ピルを服用していたとしてもコンドームの着用も必要になります。

 

女性ホルモン剤による副作用がある。

 

ピルを服用すると身体が疑似妊娠の状態になるので、つわりに似た症状が出る場合があります。低用量ピルはその副作用が軽いのですが、飲み始めで薬に慣れていない2〜3週間は吐き気などの症状がでることがあります。

安全日は本当に大丈夫ですか

妊娠するためには卵子が受精しなければなりません。つまり排卵後に卵子が生きているうちに、生きた精子が卵子に侵入しなければなりません。

 

卵子の寿命は排卵後長くて2日間。精子の寿命は長くて10日間です。つまり排卵日の10日前から排卵後2日間は妊娠する可能性があるということになります。とくに排卵日の前日から3日間は妊娠の可能性が高くなります。

 

逆にこの妊娠可能な日を除いたのがいわゆる「安全日」です。分りやすく月経の日を目安に言い換えると、28日周期の場合は生理初日から17日目以降の2週間が安全日ということになります。

 

しかし、分りやすくするために生理の日を目安に考えるということが逆に「排卵日を正確に把握するのが難しい」ということを証明しています。基礎体温が高温期に入って4日目から次の月経までは妊娠しないので、毎朝基礎体温を計って避妊に利用することはできますが(いわゆるオギノ式)、これも完璧ではありません。

 

生理周期はストレスや体調などによって割合簡単にずれが生じるものです。「安全日」も100%安全なわけではありません。

他にどんな避妊手段がありますか

ピル以外でもっとも避妊が確実なものとしては、IUD(子宮内避妊具)があります。リングとも呼ばれ、出産経験のある人向きの避妊法です。装着に3万円程度の費用がかかりますが、1度装着すると5年間くらいそのままで避妊できます。

 

もちろん取り外せば妊娠が可能になります。(卵管結紮も確実な避妊手段ですが、その後妊娠を希望してもできなくなります)

 

コンドームと同程度の確実性がある避妊法として、ペッサリーと女性用コンドームがあります。ペッサリーは膣に挿入して精子が子宮に入るのを防ぐ避妊具で、婦人科で子宮口のサイズを計測してもらって購入します。

 

費用は3000円ほどですが他に診察料がかかります。性交後は8時間以上そのままにしておいて、精子の活動が弱まってから外します。女性用コンドームは市販されていて、価格は1ダースで500円〜1000円くらいです。

 

この他に基礎体温を計って排卵日を推定して「安全日」にセックスするという「オギノ式」や殺精子剤を膣に挿入する膣内避妊薬の使用などの避妊法があります。この2つの方法は上記の他の方法よりも失敗率が高いとされています。

 

膣外射精、いわゆる「外だし」は避妊法とは認められていません。男性が射精を自覚する前に精子が出ていることがしばしばあるからです。

関連ページ

ピルの成分は?どうしてピルを飲むと避妊できるの?
ピルには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストーゲン)の2種類の女性ホルモンが配合されています。女性は毎月、排卵と月経をくり返しますが、それをコントロールしているのがこの2つの女性ホルモンです。
ピルの正しい服用方法を知ろう!
ピルは毎日忘れずにのむことがいちばん大切です。21日間服用して7日間服用を休むのが基本ですが、その7日間に偽薬を飲む「28錠タイプ」の薬もあります。ピルの服用でもう1つ注意しなければいけないのは、服用開始のタイミングです。月経の初日に飲み始めるタイプが多いのですか、月経がはじまってからの日曜日に飲み始めるサンデースタートなどの飲み方もあります。薬の説明書をよく読んで間違えないように注意しましょう。
ピル費用|ピルを服用すると毎月の費用はどれくらい?
ピルを服用すると毎月の費用はどれくらいかかるのですか?ピルは1シートが28日分なので、1シートの価格が毎月の費用ということになります。病院でピルを処方してもらうときの1シートの価格は、病院によって異なりますが2000〜3000円くらいです。
授乳中はピルを服用できますか?
授乳中はピルを服用できますか?授乳中はピルの服用をひかえて、コンドームなど他の手段で避妊することがすすめられています。とくに産後6ヶ月以内はピルの服用をひかえる必要があります。
ピルを飲み始めるタイミングは月経初日でOKですか
ピルを飲み始めるタイミングは月経初日でOKですか?ピルを飲み始めるタイミングには、「Day1スタート」と「Sundayスタート」の2つがあります。
ピルのメリットは避妊だけじゃない!避妊以外のピルの効果は?
ピルのメリットは避妊だけじゃない!避妊以外のピルの効果は?ピルの服用には避妊以外に次のような二次的な効果があります。生理に関する二次効果 生理不順の改善 生理痛(月経困難症)の改善 生理前のイライラなどのPMS(月経前症候群)の改善 月経血の減少 不正出血の改善
ピル以外の避妊方法との比較
避妊の方法を選ぶ基準は「確実性」と「簡便性」です。この2つを備えていないと現実的な避妊法とはいえません。その意味で、避妊法はいろいろありますが、まず選択肢となるのはコンドームとピルと言ってよいでしょう。出産経験のある女性ではIUD(リング)も有力候補です。
ピルの副作用を知ろう!低用量ピルにも副作用がありますか?
低用量ピルにも副作用はありますが、飲み慣れるとなくなるものがほとんどです。欧米での販売実績と使用率は、低用量ピルは重大な副作用の心配がないことの何よりの証明です。
モーニングアフターピルを知ろう!
モーニングアフターピルを知ろう!アフターピル(緊急避妊ピル)って?アフターピルまたはモーニングアフターピルは、性行為の後に服用する緊急避妊用のピルです。次のようなケースでアフターピルが必要になります。避妊せずにセックスしたが、妊娠が心配になった。コンドームが破損したなど、避妊手段が完全でなかった可能性がある。
女性の性周期を知ろう!
女性の性周期について!初潮の平均年齢は12歳で、閉経の平均年齢は50歳と言われています。女性は40年ちかく性周期によるホルモンバランスの変化と付き合っていかなければならないわけです。
妊娠のしくみを知ろう!
妊娠のしくみを知ろう!妊娠はセックスの後に「受精」と「着床」という2つの関門をクリアーすることで初めて成立します。したがって<避妊>は受精をさまたげるか、受精が成立したとしても着床をさまたげることで成功します。
低用量ピルの使用方法
低用量ピルは21錠入りと28錠入りの2種類があります。違いは28錠入りのピルには7錠の偽約(プラシーボ)が入っていることで、それ以外はピルの成分量も含め、全く同じです。
ピル種類|低用量ピルの種類や 避妊ピルの特徴をご説明
低用量避妊ピルの人気商品 [トリキュラー、マーベロンジェネリック、ヤスミン、ダイアン]の価格や特徴をご紹介
ガマンしてると損!低用量ピルの2次的効果
女性はホルモンバランスの変化で様々な心身のトラブルが。低用量ピルは最近やっと一般化しだしましたが、月経トラブルやPMSの改善やさまざまな美容効果が期待できるのが低用量ピルの特徴です。
性行為の72時間までなら妊娠を回避できます
避妊せずの性行為の後やヒヤッとしたときに妊娠を回避できますか?モーニングアフターピルは性行為の72時間以内であれば妊娠を回避できます。自宅や旅行先に常備していると安心な緊急避妊ピルです。
日本で低用量ピルの普及率がまだまだ低い理由は?
欧米、特にヨーロッパでは低用量ピルの普及が40%を超える国もあります。避妊以外に月経困難やPMSなど、多くの女性のQOLの改善に使われていますが、日本ではまだまだ普及率が低い理由はどうしてでしょうか?
女性の生活の質を高める ピル を知ろう!
ピルは避妊だけじゃありません。日本でも普及し始めたピルやアフターピルを解説します。『生理痛、生理不順』の改善など、ピルは女性の生活の質を改善する女性の味方です。
生理痛を改善する低用量ピル
生理痛は女性の90%が経験する痛みだと言われています。強い生理痛があるときは子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が原因のことがありますが、そうでない場合は子宮内膜を排出するための子宮の動きにともなう「機能性の生理痛」です。
知っておくべき女性に多い5つのの病気
女性に特有の病気といえば、卵巣、子宮、乳房に関係する病気ですが、中でも多いのは次の5つの病気です。女性のQOL(生活の質)を高めるために、それぞれの病気の「症状の特徴」をぜひ知っておいて、もし発症したときには早めに治療をスタートできるようにしましょう。
女性が会社を辞める理由で意外に多いPMS
寿退社を別にすると、女性の中途退社の理由でもっとも多いのは「人間関係がうまくいかない」ことです。しかし、最近指摘されているのは、この中にPMS(月経前症候群)が原因でのトラブルが相当数含まれているのではないかということです。
女性特有のイライラの原因と対策!
女性のイライラが月経に関係があるのは昔から経験的に知られていました。会社でお局的な女性がイラついて当り散らしていたりすると「生理前なんだろう」と陰口を言われたものです。このような症状は最近はPMS(月経前症候群)と呼ばれています。
40代あたりで多いホットフラッシュは改善できます。
何の理由もなく突然大量の汗をかくのは、更年期障害によくある症状です。不定愁訴などと言われるくらいさまざまな症状がある更年期障害ですが、もっともよくあるのが突然の発汗、顔のほてり、のぼせの三症状です。これらを合わせてホットフラッシュともいいます。
人工妊娠中絶が減っているのはセックスレスのせい?ピルの普及?
これまで日本は欧米に比べて「人工妊娠中絶天国」だと言われてきたので、今でもそうとう多いのかと思っていたら、意外にも最近は中絶の数がどんどん減っているといいます。