日本で低用量ピルの普及率がまだまだ低い理由は?

お薬のことなら、くすりエクスプレス

日本は避妊ピルの普及が遅れているのは何故?

国連加盟国で最後まで低用量ピルを承認しなかった国
2013年の国連人口部の統計によると、避妊手段として経口避妊ピルを使用する人がもっとも多いのはヨーロッパで、フランス41%、ドイツ37%、イギリス28%となっています。アメリカは16%で、ピルよりも女性避妊手術の割合が22%と多くなっています。

 

日本人のピルによる避妊の割合は1%で、韓国の2%、中国の1.2%よりも低い世界最低水準です。日本でもっとも多い避妊法はコンドームの40%で、諸外国の10〜20%台と比べて群を抜く高率になっています。

 

日本でこのように避妊ピルの使用率が低い理由の1つに、低用量ピルの承認に臨床試験の開始から9年という長い期間がかかったことがあげられます。承認されたのは1999年で、アメリカに遅れること25年、国連加盟国では世界でもっとも遅い承認でした。

低用量ピルの入手には医師の処方が必要

普及が遅れているもう1つの大きな理由は、低用量ピルがドラッグストアで購入できる国が少なくない中で、日本では医師に処方してもらわなければいけないことです。病院でも問診と血圧測定くらいで処方してくれるところがほとんどですが、やはり婦人科に行かなければ入手できないのは使用へのハードルになっています。

 

日本で低用量ピルがなかなか承認されなかった理由は、ピルにはコンドームのように性感染症を予防する効果はないので、当時社会問題になっていたエイズのまん延が危惧されたからだと言われています。また、一部にはピルの普及によって若い女性の性道徳が乱れるという意見もあったようです。

個人輸入通販で購入できるピル

ピルをクリニックで購入している女性ならわかりますが、1シートあたりの値段が高いため、海外のようにお手軽にピルを使うのは困難でしたが、、近年ではトリキュラーやマーベロンのような処方量の多いピルを個人輸入で安価に海外から購入できるようになり、日本でもピル一般化し始めたと言えるでしょう。

低用量ピルは女性のQOLを向上させる

日本でも最近、人工妊娠中絶は減りつつありますが、まだ年間20万件近くの中絶手術が行われています。女性が主体的に避妊できるピルの普及によって、さらに望まない妊娠の件数が減ることが期待できます。

 

また避妊ピルには避妊以外に月経困難症や月経前症候群(PMS)などを改善や、生理日を前や後にずらしたりなど、多くの二次効果があり、その点でも女性のQOL(生活の質)の向上に寄与する薬です。実際には、避妊目的よりそれらの副効能のために低用量ピルを使う女性が多いのもうなずけます。

関連ページ

ピルの成分は?どうしてピルを飲むと避妊できるの?
ピルには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストーゲン)の2種類の女性ホルモンが配合されています。女性は毎月、排卵と月経をくり返しますが、それをコントロールしているのがこの2つの女性ホルモンです。
ピルの正しい服用方法を知ろう!
ピルは毎日忘れずにのむことがいちばん大切です。21日間服用して7日間服用を休むのが基本ですが、その7日間に偽薬を飲む「28錠タイプ」の薬もあります。ピルの服用でもう1つ注意しなければいけないのは、服用開始のタイミングです。月経の初日に飲み始めるタイプが多いのですか、月経がはじまってからの日曜日に飲み始めるサンデースタートなどの飲み方もあります。薬の説明書をよく読んで間違えないように注意しましょう。
ピル費用|ピルを服用すると毎月の費用はどれくらい?
ピルを服用すると毎月の費用はどれくらいかかるのですか?ピルは1シートが28日分なので、1シートの価格が毎月の費用ということになります。病院でピルを処方してもらうときの1シートの価格は、病院によって異なりますが2000〜3000円くらいです。
授乳中はピルを服用できますか?
授乳中はピルを服用できますか?授乳中はピルの服用をひかえて、コンドームなど他の手段で避妊することがすすめられています。とくに産後6ヶ月以内はピルの服用をひかえる必要があります。
ピルを飲み始めるタイミングは月経初日でOKですか
ピルを飲み始めるタイミングは月経初日でOKですか?ピルを飲み始めるタイミングには、「Day1スタート」と「Sundayスタート」の2つがあります。
ピルのメリットは避妊だけじゃない!避妊以外のピルの効果は?
ピルのメリットは避妊だけじゃない!避妊以外のピルの効果は?ピルの服用には避妊以外に次のような二次的な効果があります。生理に関する二次効果 生理不順の改善 生理痛(月経困難症)の改善 生理前のイライラなどのPMS(月経前症候群)の改善 月経血の減少 不正出血の改善
ピル以外の避妊方法との比較
避妊の方法を選ぶ基準は「確実性」と「簡便性」です。この2つを備えていないと現実的な避妊法とはいえません。その意味で、避妊法はいろいろありますが、まず選択肢となるのはコンドームとピルと言ってよいでしょう。出産経験のある女性ではIUD(リング)も有力候補です。
コンドームとピルを比べたときのメリット・デメリット
コンドームと比べたときのメリット・デメリット!ピルのメリット。避妊に男性の協力が要らない。ピルの場合は男性の協力が必要ないのはもちろんですが、避妊していることを告げたくなければ告げる必要もありません。セックスのたびの避妊手段をとる必要がない。
ピルの副作用を知ろう!低用量ピルにも副作用がありますか?
低用量ピルにも副作用はありますが、飲み慣れるとなくなるものがほとんどです。欧米での販売実績と使用率は、低用量ピルは重大な副作用の心配がないことの何よりの証明です。
モーニングアフターピルを知ろう!
モーニングアフターピルを知ろう!アフターピル(緊急避妊ピル)って?アフターピルまたはモーニングアフターピルは、性行為の後に服用する緊急避妊用のピルです。次のようなケースでアフターピルが必要になります。避妊せずにセックスしたが、妊娠が心配になった。コンドームが破損したなど、避妊手段が完全でなかった可能性がある。
女性の性周期を知ろう!
女性の性周期について!初潮の平均年齢は12歳で、閉経の平均年齢は50歳と言われています。女性は40年ちかく性周期によるホルモンバランスの変化と付き合っていかなければならないわけです。
妊娠のしくみを知ろう!
妊娠のしくみを知ろう!妊娠はセックスの後に「受精」と「着床」という2つの関門をクリアーすることで初めて成立します。したがって<避妊>は受精をさまたげるか、受精が成立したとしても着床をさまたげることで成功します。
低用量ピルの使用方法
低用量ピルは21錠入りと28錠入りの2種類があります。違いは28錠入りのピルには7錠の偽約(プラシーボ)が入っていることで、それ以外はピルの成分量も含め、全く同じです。
ピル種類|低用量ピルの種類や 避妊ピルの特徴をご説明
低用量避妊ピルの人気商品 [トリキュラー、マーベロンジェネリック、ヤスミン、ダイアン]の価格や特徴をご紹介
ガマンしてると損!低用量ピルの2次的効果
女性はホルモンバランスの変化で様々な心身のトラブルが。低用量ピルは最近やっと一般化しだしましたが、月経トラブルやPMSの改善やさまざまな美容効果が期待できるのが低用量ピルの特徴です。
性行為の72時間までなら妊娠を回避できます
避妊せずの性行為の後やヒヤッとしたときに妊娠を回避できますか?モーニングアフターピルは性行為の72時間以内であれば妊娠を回避できます。自宅や旅行先に常備していると安心な緊急避妊ピルです。
女性の生活の質を高める ピル を知ろう!
ピルは避妊だけじゃありません。日本でも普及し始めたピルやアフターピルを解説します。『生理痛、生理不順』の改善など、ピルは女性の生活の質を改善する女性の味方です。
生理痛を改善する低用量ピル
生理痛は女性の90%が経験する痛みだと言われています。強い生理痛があるときは子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が原因のことがありますが、そうでない場合は子宮内膜を排出するための子宮の動きにともなう「機能性の生理痛」です。
知っておくべき女性に多い5つのの病気
女性に特有の病気といえば、卵巣、子宮、乳房に関係する病気ですが、中でも多いのは次の5つの病気です。女性のQOL(生活の質)を高めるために、それぞれの病気の「症状の特徴」をぜひ知っておいて、もし発症したときには早めに治療をスタートできるようにしましょう。
女性が会社を辞める理由で意外に多いPMS
寿退社を別にすると、女性の中途退社の理由でもっとも多いのは「人間関係がうまくいかない」ことです。しかし、最近指摘されているのは、この中にPMS(月経前症候群)が原因でのトラブルが相当数含まれているのではないかということです。
女性特有のイライラの原因と対策!
女性のイライラが月経に関係があるのは昔から経験的に知られていました。会社でお局的な女性がイラついて当り散らしていたりすると「生理前なんだろう」と陰口を言われたものです。このような症状は最近はPMS(月経前症候群)と呼ばれています。
40代あたりで多いホットフラッシュは改善できます。
何の理由もなく突然大量の汗をかくのは、更年期障害によくある症状です。不定愁訴などと言われるくらいさまざまな症状がある更年期障害ですが、もっともよくあるのが突然の発汗、顔のほてり、のぼせの三症状です。これらを合わせてホットフラッシュともいいます。
人工妊娠中絶が減っているのはセックスレスのせい?ピルの普及?
これまで日本は欧米に比べて「人工妊娠中絶天国」だと言われてきたので、今でもそうとう多いのかと思っていたら、意外にも最近は中絶の数がどんどん減っているといいます。