お薬のことなら、くすりエクスプレス

ピルを服用すると毎月の値段はどれくらいかかるのですか?

ピルを服用すると毎月の値段はどれくらい?

 

ピルは1シートが28日分なので、1シートの価格が毎月の値段ということになります。病院でピルを処方してもらうときの1シートの価格は、病院によって異なりますが2000〜3000円くらいです。

 

初診のときは薬代以外に2500円前後かかりますが、これも病院によって異なります。もちろん検査項目が増えると費用も高くなります。検査によっては健康保険が使えるものもあります。

 

インターネットの個人輸入でピルを入手することもできます。その場合はジェネリック医薬品の利用や何箱かのまとめ買いなどで、1シート500円くらいまでコストダウンすることが可能です。

 

1番人気のピルは、トリキュラー

ピルのジェネリック医薬品とは?

21日間同じ薬を服用する一相性ピルでもっとも使用されているのはマーベロンです。ドイツのメルク社(日本での法人名はMSD)が製造している薬ですが、このマーベロンには日本では富士製薬工業が「ファボワール21・28」というジェネリック医薬品を発売しています。

 

また世界のジェネリック医薬品工場と言われるインドでは、オルガノンという製薬会社が「ノベロン」というマーベロンのジェネリック医薬品を発売しています。「ノベロン」はインターネットの個人輸入で購入することができます。

 

価格は病院や通販サイトなどにより差がありますが、おおむね次のようになっています。

 

マーベロン   病院での価格  1シート 2500円前後
ファボワール  病院での価格  1シート 2000円前後
ノベロン    個人輸入の価格 1シート 最安値1,000前後(まとめ買でコストダウン)

 

三相性の低用量ピルでもっとも使用されているのは「トリキュラー」ですが、病院での処方価格が1シート約2,000円なのに対して、個人輸入通販では12シートのまとめ買いで1シートあたり550円前後になっています。もちろん海外品も信用できる輸入業者のものは正規品ですが、為替の違いなどにより価格に大きな差がでることがあります。

アイピル (アフターピルNo.1) について

アイピル (アフターピルNo.1)

アイピルは世界で広く使用されている緊急避妊薬で、アフターピルと呼ばれています。有効成分である合成黄体ホルモンが受精卵着床を邪魔する働きをするため、性交後72時間以内に服用することで効果を発揮します。

 

≫ アイピルの詳細はこちら

 

≫ アイピル+吐き気止めセット こちらも人気です


国内でも人気ノルレボ錠の最も低価格なジェネリック!アフターピルならコレで決まり!

アイピルは一日た?け飲む緊急避妊薬『ノルレボ錠』の人気ジェネリックて?、個人輸入で最も人気のコストパフォーマンスの高いアフターピルです。

 

コント?ームか?破けたりして避妊に失敗した、性被害に遭ったなと?何らかの理由て?望まない妊娠を回避するための薬て?す。
不安な気持ちて?次の生理か?来るのを待つのて?はなく、性行為後て?も女性自身て?妊娠を高確率て?回避て?きるのて?、自宅や旅行先などにもアフターピルを持っていると安心です。

 

アイヒ?ルの有効成分は黄体ホルモンとしてレホ?ノルケ?ストレル1.5mgて?す。

 

レホ?ノルゲストレルには主に3つの効果か?あり、ます?は排卵を抑制することて?精子か?侵入し てきても受精させないようにします。
次に、子宮内膜の増殖を抑えるのて?受精した後て?も受精卵か?着床しつ?らい状態にします。
更に子宮頚管の粘液を変化させて子宮内に侵入しようとする精子の動きを鈍くします。
これらの作用て?身体を妊娠か?成立しにくい状態にするのて?高い避妊効果か?あります。
着床した後て?の服用て?は効果はなく、24時間以内にアフターピルを服用すれは?95%妊娠を回避て?きますか?時間 か?経つと確率はと?んと?ん下か?ります。
また、女性ホルモンて?ある黄体ホルモンを一気に摂取することて?一時的に体内のホルモンハ? ランスか?大きく変化するため、アフターピルの服用は身体に若干の負担か?かかります。

 

アイピルは緊急用の薬て?あるのて?、普段の確実な避妊目的には低用量ヒ?ルの服用をお勧めします。

クリニックより大幅節約できます

アイピル 値段

アフターピルとは

 

アフターピルとは緊急避妊薬とも呼ばれ、適切な避妊ができなかった性行為の後に服用する避妊薬を指します。性行為前に服用するピルに対し、性行為の後に服用するのがアフターピルです。

 

多くの場合、性行為後72時間(3日)以内の服用が必要になります。確実な避妊効果を得るために、より早い段階で服用することが大切です。

 

アフターピルは一部のレディースクリニックなどで処方されますが、その費用は保険適用外のため相場が高く、1万円〜2万円の費用がかかります。

 

女性ホルモン製剤を服用することで、体内を妊娠しにくい状態に持っていきますが、その成功率は服用するアフターピルによって様々です。

 

アフターピルは不測の事態に備えた緊急の避妊方法のため、確実な効果が得られるピルの服用とは別物として捉える必要があります。アフターピルによる副作用やリスクなどを正しく理解し、専門医と相談の上で服用を検討してください。

 

≫ アイピル+吐き気止めセット こちらも人気です


TOPへ