性病 くすりエクスプレス

お薬のことなら、くすりエクスプレス

日本で感染者の多い性病や感染症の「クラミジア」「淋病」「性器ヘルペス」「コンジローマ」「トリコモナス」「カンジダ症」「水虫」などの治療薬の中から、多くの病院やクリニックで用いられている商品を厳選してご紹介します。

 

性病・性感染症(STD)は特別な病気ではありません。毎年、数多くの男女が以下のような性病に感染し、性病治療薬で治療しています。性病治療は病院の性病科で行うか、個人輸入代行業者から個人輸入通販で購入できます。

 

・クラミジア(性器クラミジア・咽頭クラミジア)
・淋病
・ヘルペス(性器ヘルペス、口唇ヘルペス)
・尖圭コンジローマ
・カンジダ症
・トリコモナス

 

クラミジアは感染者数が一番多い性病で、女性の感染率が非常に高い病気です。また、治療をせずに放置すると、女性の場合不妊症になるリスクが高まるため、なるべく早期にクラミジア治療薬で治療することが大切です。

性病記事一覧

クラミジア治療薬「クラビット」と同成分の安価なジェネリックです。有効成分のレボフロキサシンはさまざまな細菌に抗菌作用がある「ニューキノロン系抗菌剤」と呼ばれ、特にクラミジアや淋病、膀胱炎などの治療に用いられます。

「クラビットジェネリック」は、性病・感染症「クラミジア」の代表的な治療薬クラビットの安価なジェネリック薬です。クラミジアは日本で一番患者数が多い性病・感染症です。クラミジアは早期に治療を開始することで症状の悪化を防ぐことができ、放置すると、他の更に深刻な感染症の感染率が高まるため、必ず放置せずに治療する必要があります。

性のネットワークに乗って感染が広がる「性器クラミジア」若い世代に「性のネットワーク化」が進んでいると言われています。元カレと今カレ、元カノと今カノをつなぐネットワークは、同時に複数のセックスパートナーがいるほど、また短期間にセックスパートナーが変わるほど複雑化します。また、このネットワークに乗って感染するSTD(性感染症)のリスクも倍々ゲーム的に増大します。その中でもっとも感染者数が多いのが性器ク...

パートナーとの病気の移しっこピンポン感染は、卓球台をはさんでピンポンの球を打ち合うように、病気の移しっこをすることです。性感染症にかかったときにパートナーの1方だけが治療しても、次のセックスのときに治療していない相手からまた感染することになります。性感染症は2人のパートナーが同時に治療しなくては意味がない病気なのです。性感染症の中には淋菌感染症のように、男性には強い症状(尿道の痛み)が出るが女性に...