いびきの原因と病気との関係

お薬のことなら、くすりエクスプレス

いびきの原因と病気との関係

いびきは周囲が迷惑なだけでなく、本人の睡眠の質を悪くするというデメリットもあります。また、慢性的なイビキの陰にはバカにできない病気が隠れていることもあります。

 

いびきは鼻から喉にかけての空気の通り道(上気道)が何かの原因で狭くなることで生じます。呼吸をするたびに狭いところを空気が通るために、気道の粘膜が震えて音が出るのです。

 

起きているときにいびきをかかないのは、呼吸の強さを無意識にかげんしているのと、睡眠中は筋肉が弛緩して上気道が狭くなりやすいからです。仰向けに寝る癖のある人は、睡眠中に舌が軌道をふさいでいびきをかきやすくなります。

 

一時的ないびきの原因には、酔っているときの鼻粘膜の充血や筋肉の弛緩、風邪や花粉症などによる鼻粘膜の炎症などがあります。疲労が大きいときも呼吸のバランスが乱れていびきをかくことがあります。

 

慢性的ないびきの原因には、あごが小さいなど形体的にイビキをかきやすい場合や、肥満によって上気道が狭くなること、慢性的な耳鼻咽喉科の病気などがあります。

家族が気をつけてあげたい睡眠時無呼吸症候群

大きなイビキをかいて寝ているときに、ときどき呼吸が止まってしまうのが睡眠時無呼吸症候群です。呼吸が止まるのは弛緩した舌が気道をふさいでしまうからです。数秒あるいは数十秒するとひときわ大きなイビキとともに呼吸が復活しますが、一晩中こんなことをくり返しているのですから、睡眠の質は非常に低下しています。

 

本人は眠ったつもりでも寝不足がたまってきます。こわいのは仕事中や車の運転中の突然の眠気と居眠りです。運転が仕事の人などは大きな産業事故につながることもあります。

 

睡眠時無呼吸症候群のリスク要因としては「肥満」と「中高年」があります。「男性」が多いといわれますが、女性がならないわけではありません。脂肪で気道が狭くなっているところに、中高年になって筋肉が弛緩してくるのが原因と言われています。

 

睡眠時無呼吸症候群の治療は、歯科装具(マウスピース)の着用などで行ないますが、生活習慣の改善による肥満の解消も大切です。

生活習慣病を悪化させる慢性的ないびき

睡眠時無呼吸症候群に限らず大きないびきは、呼吸による酸素の取り込みの効率を悪くします。寝ている間に血液中の酸素濃度が低下するというのは、血圧を上げる原因になります。

 

睡眠中も血圧が高い状態が続くと、動脈硬化が進行してさらに血圧が高くなり、糖尿病などの生活習慣病を併発するリスクも高くなります。

関連ページ

日本人の4割は不眠症?本人が自覚していない不眠症とは
本当はよく眠れているのに「眠れない」と悩むタイプの不眠症もありますが、それよりずっと多いのが、本人にはその自覚がないのに睡眠不足になっている不眠症です。
不眠の原因と改善策は?
ヒトには「概日周期」という約24時間周期の覚醒と睡眠のリズムがあります。このリズムを刻むのが脳内時計で、その指令にしたがって睡眠ホルモン(メラトニン)が分泌されて、私たちを眠りに誘ったり、目覚めさせたりしています。
市販の睡眠改善薬とメラトニンの違い
ドラッグストアで販売されている「睡眠改善薬」は風邪薬や鼻炎の薬に配合されている抗ヒスタミン剤が主成分です。風邪薬にはよく「服用すると眠くなることがあります」という注意書きがありますがこれは抗ヒスタミン剤の副作用で、「睡眠改善薬」はいわばこの副作用を逆手に取った薬です。
日本人は睡眠時間が短すぎる?睡眠は心身の健康の基本です
毎年3月18日は「世界睡眠デー」と呼ばれているの、知ってましたか?先進国になればなるほど睡眠時間が短くなる傾向がありますが、なかでも日本は世界で韓国に次ぐ、『睡眠時間の短い』国のようです。
体内時計を調整するメラトニンで快眠
夜メラトニンが分泌されると眠くなり、朝セロトニンが分泌されると目が覚める、という「睡眠ホルモン」の話を聞いたことがあると思います。体内時計が正常にはたらいているときは、睡眠や覚醒をうながすこれらのホルモンも正常に分泌されて、1日の快適な生活リズムが刻まれます。
現代型不眠とは何でしょう?
夜間に人工衛星から日本列島を撮影すると、列島の形が明るく浮かび上がるそうです。これは朝鮮半島の北半分とは好対照で、日本の夜が電気の光でこうこうと照らされていることを示しています。
生活習慣病と不眠の関係
睡眠不足が肥満の原因になるという話はお聞きになったことがあると思います。これは睡眠不足が食欲を抑える脳内ホルモンの「レプチン」の分泌を低下させて、食欲を増進する脳内ホルモンの「グレリン」の分泌を増加させるからです。寝不足は過食の傾向を誘発するわけです。
寝不足が原因で糖尿病に?
糖尿病になると神経障害の合併症がでて、寝ているときに足がむずがゆくなる「むずむず脚症候群」になることがあります。
睡眠をつかさどるメラトニンを増やすには?
メラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれ、体内時計に働きかけて身体を覚醒モードから睡眠モードに切り替える働きをしています。私たちは夜になってメラトニンが分泌されることによって、心拍数が減り、脳の体温が下がって、自然な眠りに誘われます。
高齢者が睡眠薬を飲む場合の注意点
眠るのにも体力がいるなどと言われますが、これはあながち冗談ではなく高齢になると睡眠の質が低下して、睡眠障害に悩む人が増えてきます。