日本人は睡眠時間が短すぎる?睡眠は心身の健康の基本です

お薬のことなら、くすりエクスプレス

日本は「睡眠後進国」?

睡眠時間

毎年3月18日は「世界睡眠デー」と呼ばれているの、知ってましたか?

 

先進国になればなるほど睡眠時間が短くなる傾向がありますが、なかでも日本は世界で韓国に次ぐ、『睡眠時間の短い』国のようです。

 

2009年にOECDが実施した調査によると、平均睡眠時間が最も長かったのはフランスで、日本はフランスより1時間も平均睡眠時間が短いという結果が報告されました。

 

 

・フランス:8時間50分
・米国
・スペイン
・ニュージーランド
・トルコ
・オーストラリア
・カナダ
・フィンランド
・ベルギー
・イギリス
・メキシコ
・イタリア
・ドイツ
・スウェーデン
・ノルウェー
・日本:7時間50分

・韓国

 

もちろん7時間50分と言うと、「そんなに眠れれば言うことないよ・・・普段4、5時くらいしか眠れてないし・・・」と言うような声も聞かれそうですね。特に働き盛りの男女サラリーマンの睡眠時間はずっと短いと考えられます。

 

国民生活時間調査によると、就寝時間がどんどん遅くなっており、これが原因で睡眠時間が短縮されたり、入眠困難の原因になっていると考えられます。

 

睡眠


睡眠不足で年間3兆円も損失してる?

国立精神神経医療研究センターによると、日本人の多くが「慢性の睡眠不足」に陥っているということです。

 

うつ病や不安障害など精神疾患で不眠症を患っている人以外にも、多くの男女がストレスや長時間にわたる労働などで睡眠時間が十分取れていないと警笛が鳴らされているのです。

 

長時間残業や夜の勤務などが増えているとともに、就寝前のインターネットやスマホ、ゲームなどで脳の活動が高まって入眠困難になったり、睡眠が浅くなり深夜に目を覚ますなど、社会全体に不眠症の傾向があるということです。

 

睡眠不足や不眠症などが原因の勉学や仕事のパフォーマンス低下や、居眠り運転、その他睡眠不足が原因の機械操作の誤りや事故、医療費などを合計すると3兆円以上の損失とも言われています。

睡眠の質を上げるにはどうすればよいか

まず必要なのが生活習慣を少しずつ改善することです。深夜におよぶ長時間労働が長期化すると、お金には変えられない健康被害につながり得るため、それが本当に自分の人生にプラスになるのかを再検討してみてはどうでしょうか。

 

寝る前の1時間は脳をリラックスさせるためにパソコン、スマホなどは使わず、明かりを暗めにして眠りを誘いましょう。

 

就寝前のお酒や食事は睡眠の質に悪影響を与えます。お酒の勢いで眠れても、体がアルコールで脱水症状を起こして夜中に喉の渇きで目が覚めたり、そうでなくても睡眠が浅くなります。

 

就寝中は胃も休ませてあげるために就寝前の食事は控えましょう。

睡眠を改善するメラトニン

メラトニンというと、日本では買えないので海外旅行で買って帰る人が多い、「睡眠ホルモン」です。睡眠ホルモンのメラトニンは、脳の中で分泌されて眠りをさそうホルモンで、夕方ごろから増えて夜にマックスになって眠くなるのです。

 

しかし、このメラトニンは加齢や日々のストレス、生活習慣の乱れなどで分泌量が減り、眠れない人はこのメラトニンの分泌量が減っているのです。

 

幼少期によく眠れるのはメラトニンが多いお蔭で、お年寄りはメラトニン量が相当減っているため睡眠時間が短くなります。

メラトニンの効果と目的

メラトニンは睡眠サイクルを改善することで睡眠の質と量を改善します。欧米や東南アジアでは普通に薬局で買える睡眠改善商品で、寝る1時間ほど前に1錠(3mg)服用するのが普通です。

 

メラトニンはこんな目的で使用されています。睡眠は若さの秘訣のため、アンチエイジングとしての効果も注目されています。

 

また、不眠症の方は睡眠薬を処方されている場合もありますが、メラトニンは医薬品成分が入っていないため、睡眠薬の副作用や薬をやめられない離脱症状などの心配がないのも安心の理由です。

 

・不眠症全般の改善
・睡眠薬の代替として
・睡眠の質、量の改善
・時差ぼけの解消
・旅行中の睡眠
・十分な睡眠によるアンチエイジングなど

 

メラトニンはくすりエクスプレスから個人輸入で簡単に通販購入できますので、これを機会にメラトニンで睡眠を改善してみてはいかがでしょうか。

関連ページ

日本人の4割は不眠症?本人が自覚していない不眠症とは
本当はよく眠れているのに「眠れない」と悩むタイプの不眠症もありますが、それよりずっと多いのが、本人にはその自覚がないのに睡眠不足になっている不眠症です。
不眠の原因と改善策は?
ヒトには「概日周期」という約24時間周期の覚醒と睡眠のリズムがあります。このリズムを刻むのが脳内時計で、その指令にしたがって睡眠ホルモン(メラトニン)が分泌されて、私たちを眠りに誘ったり、目覚めさせたりしています。
いびきの原因と病気との関係
いびきは周囲が迷惑なだけでなく、本人の睡眠の質を悪くするというデメリットもあります。また、慢性的なイビキの陰にはバカにできない病気が隠れていることもあります。
市販の睡眠改善薬とメラトニンの違い
ドラッグストアで販売されている「睡眠改善薬」は風邪薬や鼻炎の薬に配合されている抗ヒスタミン剤が主成分です。風邪薬にはよく「服用すると眠くなることがあります」という注意書きがありますがこれは抗ヒスタミン剤の副作用で、「睡眠改善薬」はいわばこの副作用を逆手に取った薬です。
体内時計を調整するメラトニンで快眠
夜メラトニンが分泌されると眠くなり、朝セロトニンが分泌されると目が覚める、という「睡眠ホルモン」の話を聞いたことがあると思います。体内時計が正常にはたらいているときは、睡眠や覚醒をうながすこれらのホルモンも正常に分泌されて、1日の快適な生活リズムが刻まれます。
現代型不眠とは何でしょう?
夜間に人工衛星から日本列島を撮影すると、列島の形が明るく浮かび上がるそうです。これは朝鮮半島の北半分とは好対照で、日本の夜が電気の光でこうこうと照らされていることを示しています。
生活習慣病と不眠の関係
睡眠不足が肥満の原因になるという話はお聞きになったことがあると思います。これは睡眠不足が食欲を抑える脳内ホルモンの「レプチン」の分泌を低下させて、食欲を増進する脳内ホルモンの「グレリン」の分泌を増加させるからです。寝不足は過食の傾向を誘発するわけです。
寝不足が原因で糖尿病に?
糖尿病になると神経障害の合併症がでて、寝ているときに足がむずがゆくなる「むずむず脚症候群」になることがあります。
睡眠をつかさどるメラトニンを増やすには?
メラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれ、体内時計に働きかけて身体を覚醒モードから睡眠モードに切り替える働きをしています。私たちは夜になってメラトニンが分泌されることによって、心拍数が減り、脳の体温が下がって、自然な眠りに誘われます。
高齢者が睡眠薬を飲む場合の注意点
眠るのにも体力がいるなどと言われますが、これはあながち冗談ではなく高齢になると睡眠の質が低下して、睡眠障害に悩む人が増えてきます。