お薬のことなら、くすりエクスプレス

フロマックス(ハルナール) 通販

フロマックス通販

≫フロマックス(ハルナール)の詳細はこちら

 

フロマックス・ハルナールとは?

前立腺肥大症で尿の出が悪くて困っている男性へ。尿道の筋肉を緩める作用で排尿障害を改善するお薬です。日本では「ハルナール」という商品名でアステラス製薬から販売されていますが、この商品は共同販売を行っている米ベーリンガーインゲルハイム 社からの販売で、内容は同じ成分となっていて安心のお薬です。


フロマックスの概要

海外ではフロマックス(Flomax)という商品名の前立腺肥大症の治療薬は、日本では『ハルナール』という商品名で処方されるお薬です。

 

フロマックスは有効成分としてタムスロシンを0.4mg含有する前立腺肥大治療薬で、薬学的にはα遮断薬に分類されます。

 

ハルナールのジェネリック医薬品であり、先発品であるハルナールと同等の成分・効果でありながらより安価で購入することができます。

 

なお、ハルナールは日本ではタムスロシン0.2mgまでの規格しかありませんが、フロマックスにおいては0.4mgと倍量のタムスロシンが含有されています。

 

前立腺は膀胱のすぐ下に位置する男性特有の臓器です。前立腺が肥大すると尿道をが圧迫されるため尿の出が悪くなり、排尿に時間がかかり残尿感や頻尿といった症状が出ます。

 

おしっこが出にくい
尿意を頻繁にもよおす(頻尿)
夜中におしっこをしたくなる
残尿感があるなど
上記のような状態を統括して前立腺肥大症と呼ばれていて、中高年男性によく起こる疾患です。

 

ハルナールの有効成分タムスロシンは前立腺や尿道平滑筋に存在するアドレナリンα1受容体を遮断して尿道平滑筋を弛緩させ尿の通り道を正常にすることで排尿困難、頻尿といった症状を改善します。

 

このα1受容体は全身に分布しているので至る部位の筋肉の収縮に関わっています。そのためα1受容体が刺激されると前立腺や尿道だけでなく血管も収縮されるため血圧が上がります。

 

ハルナールが属するα遮断薬は排尿障害の治療の他、血管収縮を抑えることから血圧を下げる作用を持つため高血圧治療薬としても広く使用されています。

 

有効成分タムスロシンは前立腺や尿道のα受容体に選択的に作用するため血管に対する作用は弱く、血圧低下によるめまいや立ちくらみなどの副作用が比較的少なく安全性が高いです。

 

ちなみに高血圧治療で使用されるα遮断薬も血管平滑筋のα受容体に選択的に作用します。 フロマックスには半減期が約12時間で持続性があるため1日1回の服用で済みます。

 

即効性はあまりなく、個人差がありますが効果を認められるまでには2週間ほどかかります。

 

根本の原因である前立腺肥大を小さくするのではなく一時的に尿の通り道を広げるという対症療法的な効果であるため、効果を持続するためには長期に渡りハルナールの服用を続ける必要があります。

 

もしも前立腺肥大の症状が進行している場合は根治的な手術が必要になります。

 

≫詳しく見てみる

ハルナール、前立腺肥大症のよくある質問

ハルナールは何のお薬ですか?

ハルナールは前立腺肥大による排尿障害(オシッコの出にくさ)を改善するお薬です。海外ではフロマックスの商品名で販売されているよく知られたお薬です。

前立腺が肥大するとなぜ排尿障害が出るのですか?

前立腺は膀胱の真下にあり、その中央を尿道が通っています。前立腺が肥大すると尿道を周囲から圧迫するので尿の出が悪くなります。

前立腺とはどんな役割がある臓器なのですか?

男性にだけある臓器で、精液の一部の前立腺液を作る機能があります。

ハルナールの成分は何ですか?

ハルナールの成分はタムスロシンというα遮断薬に属するお薬です。α遮断薬には血管や尿道、前立腺などの平滑筋の緊張を緩める作用があり、それによって血圧を下げたり尿の通りを良くする働きをします。

排尿障害にはどんな症状がありますか?

@オシッコの勢いが弱くなり、出終わるまでに時間がかかります。
A途中でおしっこが途切れて、下腹を力まないと続きが出なくなります。
B出そうと構えてから出始めるまでに時間がかかるようになります。

排尿後障害とは何ですか?

これも前立腺肥大による排尿障害の1種で、排尿後も尿が残っている感じ(残尿感)があり、ズボンにペニスをしまってから残っていた尿が出ることが増えてきます。

過活動膀胱による頻尿や尿意の切迫も前立腺肥大が原因ですか?

過活動膀胱の原因は骨盤底筋群が弱くなることなどです。前立腺肥大と直接の関係はありませんが、どちらも加齢とともに増える症状なので高い確率で併発します。

前立腺肥大でEDになることはありますか?

直接の原因とは言えませんが、やはり前立腺肥大にはED症状がともなうことが少なくありません。

 

前立腺肥大が進行するとどんな症状が出ますか?

急性閉尿という、膀胱に尿が溜まっているのに出なくなる、大変苦しい症状になることがあります。風邪や大量の飲酒をきっかけに発症することが多いのが特徴です。尿道や膀胱で菌が繁殖して炎症を起こす尿路感染症にもかかりやすくなります。

前立腺肥大は何歳くらいから出やすくなる病気ですか?

男性は早ければ40代から、遅くとも50代には「小便のキレが悪くなった」などという表現で、何らかの排尿障害を自覚します。進行速度には差がありますが、80歳を過ぎた男性のすべてに肥大が見られます。

ハルナールの服用方法は?

1日1回0.2mg(1錠)を食後に服用します。

朝食後と夕食後はどちらがいいですか?

どちらでもいいので、自分が飲み忘れしにくい方に決めてくだざい。

ハルナールに副作用はありますか?

人によって血圧の低下、めまい、動悸などが起きることがあります。夜間頻尿が気になるときは夕食後に服用してください。

服用にあたって注意することは?

血圧降下剤を飲んでいる人は、ハルナールを飲むと血圧が盛り過ぎることがあります。医師に服用について相談してください。

排尿を楽にする日常生活の注意点は?

ウォーキングなどの軽い運動をして骨盤底筋群を鍛えましょう。日中は水分をガマンしすぎないで、適当に水分を摂りましょう。半身浴などで、下半身を温めましょう。アルコールを摂りすぎないようにしましょう。頻尿や尿閉塞のきっかけになることがあります。

前立腺が肥大するとどんな症状がでますか?

尿の勢いが弱くなり、排尿に時間がかかるようになります。排尿後に残尿感があります。

 

トイレが近くなり、夜中に何度も起きるとか、外出先でガマンできないひっ迫した尿意に苦しんだりするようになります。ED(勃起不全)の症状がでることもあります。

 

前立腺肥大はほとんどが良性の腫瘍で生命にかかわることはありませんが、夜中の尿意で睡眠の質が下がる、外出が制限されるなど、QOL(生活の質)に大きな影響を及ぼします。

前立腺とはどういう器官ですか?

前立腺はクルミの実くらいの大きさの男性にだけある器官です。膀胱の真下にあり、尿道が前立腺の中央を通っています。前立腺は精子に前立腺液を加えて精液を作る役目をしています。前立腺が肥大すると中央を通る尿道が圧迫されて、尿が出にくくなります。

前立腺が肥大する原因は何ですか?

前立腺の肥大は病気というより老化現象です。50歳過ぎから肥大が始まって、80歳過ぎには男性のほぼすべてに肥大がみられます。

 

しかし人によっては、重症になって腎臓の機能が低下したり、尿が出なくなる急性閉尿を起こすことがあります。肥大が進むと勃起不全ともなうことも多くなります。

ハルナールはなぜ排尿障害を改善するのですか?

前立腺肥大は初期の段階では、薬を使わずに生活習慣などで排尿状態を改善しながら、経過観察をします。規則的な食習慣や運動習慣などで症状が軽くなることがあります。

 

経過観察で症状が改善しないときは薬を使って治療します。ハルナールは前立腺の平滑筋をゆるめて尿道抵抗を減らすα遮断薬とよばれるお薬です。日本名はハルナールで、前立腺肥大では標準となる治療薬です。

 

ハルナールは即効性があり、その日のうちに効果が現れます。また、長期にわたって使用できる副作用のすくないお薬です。

排尿を楽にする日常生活の注意

規則的な食生活をし、とくに朝食はしっかり食べましょう。

 

日中は水分をガマンしすぎないようにしましょう。

 

ウォーキングなどの軽い運動をすると排尿が楽になります。

 

便秘も尿道を圧迫するので、便秘にならないように注意しましょう。

 

お酒の飲みすぎは頻尿を加速したり、逆に急性の尿路閉塞を起こすことがあります。

 

尿意をガマンしすぎると尿が出にくくなることがあります。

 

入浴で下半身を温めると排尿が楽になります。

TOPへ