目を疲れさせないパソコン環境 5つのチェック

お薬のことなら、くすりエクスプレス

目を疲れさせないパソコン環境 5つのチェックポイント

一日オフィスでパソコン画面とにらめっこして、家に帰っても夜何時間か自分の部屋でパソコンをしているという人はめずらしくありません。そんな人はとくに目が疲れやすいので、せめて自宅のパソコン環境には充分に気を配って眼精疲労やドライアイを予防しましょう。目を疲れさせないパソコン環境のチェックポイントは次の通りです。

 

画面の明るさは適正ですか?

パソコンは初期設定のままだと画面が明るすぎることが多いので、買ったときのままで使っている人は調節しましょう。調節の目安は、ワードなどの白い画面の明るさをコピー用紙などの白い紙の明るさに合わせます。比べてみるとパソコン画面の方が明るいことがほとんどです。

 

画面の明るさを抑えることによって目の疲れの原因になるブルーライトを減らす効果もあります。調節の仕方は、ウィンドウズなら「コントロールパネル→ハードウェアとサウンド→ディスプレイ→明るさの調節」で変更のスライドボタンが表示されます。

 

画面に照明や窓からの光が反射していませんか?

窓や部屋の明かりを背にしてパソコンをしていると、画面に光が映り込むので目が疲れます。机の位置を変更するなどで、光が映り込まないようにしましょう。

 

パソコン画面の後ろの壁が暗すぎたり明るすぎたりしていませんか?

パソコン画面の背景になる部屋の壁は、明るすぎても暗すぎても目が疲れます。窓があってパソコン画面から逆光で目に光が入るのももちろんNGです。

 

画面の高さを水平よりもやや下向きの視線で見るように調節する

イスの高さを調節して、@やや下向きの視線で画面を見るAキーボードを打つ腕が水平になるようにします。また、このときに足の裏全体が自然に床についているのが一番疲れない姿勢です。

 

疲れにくい姿勢でも長時間同じ姿勢を続けていると疲れます。ときどき立ち上がって歩いたり、肩や脚のストレッチをしましょう。ときどき遠くを見て目を休めることも必要です。

 

メガネ、コンタクトレンズは合っていますか?

以上のチェックポイントをクリアしても、目に合わないメガネをしていたのではなんにもなりません。遠近両用の目が目を作る場合は、パソコンをしている時間が長い人は近距離の焦点をパソコン画面に合わせると目が疲れません。

朝やパソコン疲れ、仕事明けの充血(赤目)を改善するには?

特にパソコン作業が多い方は知らず知らずに目が乾燥して充血します。理由は、パソコン画面をずっと見ていると普段より瞬きが少なくなるからです。

 

一度充血すると通常の目薬で潤いを与えても充血は改善しません。充血を改善して白目を真っ白にすると同時に潤いを与えてくれる目薬に『クリアリン目薬』があります。米国で人気の『クリアアイズ』という目薬のジェネリックで、市販されていないため個人輸入で通販が可能です。

 

クリアアイズやクリアリン目薬はテレビに出るお仕事のかたや水泳選手などが愛用する目薬です。とても効き目が早く、3,4時間は効果が継続するため、朝や仕事明け、お客様とのミーティングや大事なイベントには欠かせないという男女が多い目薬です。

page top