定番の美白成分を解説します

お薬のことなら、くすりエクスプレス

美容クリニックで使われる美白化成分を解説!

皮膚科や美容クリニックでは一般の化粧品には使用することができない美白成分も使われています。

 

効果は大きいが使用には注意が必要なこれらの美白成分について説明します。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは肌のシミ・くすみを薄くする作用がある医薬品です。配合が2%までの美白化粧品は市販されていますが、それを超えるものは医師の処方が必要です。美容医療ではもっともよく使われている美白成分で、レーザー治療でも併用されています。レーザー治療を行なわないときは、肌のターンオーバーを促進するトレチノインとよく併用されます。

 

ハイドロキノンの作用は「シミの漂白・還元」と「メラニン色素を作るチロシナーゼの抑制」です。配合量の多いものは効果が大きいぶん肌への刺激も大きいので使用には注意が必要です。

 

ハイドロキノンを使用しているときは紫外線の影響を受けやすいので、充分な紫外線対策が必要です。そのため1日1回、朝ではなく夕方にぬります。また、顔全体にではなくシミの部分にピンポイントに使用します。使用中に赤みやヒリヒリ感が強くでたときは、一時使用を中断する必要があります。

トレチノイン

トレチノインは肌のターンオーバーを促進する成分で、ニキビの治療やシミ、小じわの改善に使用されます。肌にぬると角化を亢進するビタミンAとして働くのでビタミンA誘導体と言われます。使用するとターンオーバーの亢進によって角質が剥がれるいわゆる「皮むけ」が始まり、肌に赤みが出ることもありますが、これは効果が現れているしるしです。

 

顔全体に薄くぬるのがコツで、厚塗りすると皮膚の赤みなどの副作用が強くなります。使用中は肌のバリア機能が低下するので、紫外線対策と保湿には十分気をつける必要があります。そのためやはり朝ではなく夕方の使用がすすめられます。妊娠中の女性は、胎児に影響が出る心配があるので、使用できません。

 

トレチノインには皮脂の分泌を抑制する作用と、コラーゲンやヒアルロン酸の分泌を促進する作用もあります。ハイドロキノンと併用すると美白効果が高くなります。

ビタミンC

ビタミンCは抗酸化成分、美白成分として有名で、サプリメントや一般の美白化粧品にもよく使われています。

 

美容クリニックでは高濃度のビタミンCを美容液や点滴で処方する施術が行われています。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は止血剤の内服薬として広く使われている安全性の高い薬です。

 

シミや肝斑の治療にも有効な成分で、市販の内服薬もありますが美容クリニックでは250mg/ 500mgなどトラネキサム酸の配合量の多いものが使われています。

page top