シミくすみ・肝斑を予防する美白クリーム「ルミキシル」とは

お薬のことなら、くすりエクスプレス

シミくすみ・肝斑を予防する美白クリーム「ルミキシル」とは

注目のブライトニングコスメ『ルミキシル』とは?
次世代の美白化粧品(ブライトニングコスメ)として一躍脚光を浴びえている「ルミキシル」は、スタンフォード大学(米国)の皮膚専門の研究チームが開発した、安全で美白効果の高いクリームです。 有効成分は「Lumixyl(ルミキシル)ペプチド」と呼ばれ、「シミ・くすみ」の原因である「メラニン色素」の生成を抑れる作用があります。

 

シミくすみを改善する美白クリームの成分と言えば「ハイドロキノン」で、美容クリニックでは定番のハイドロキノンクリームや高級美白化粧品の成分でも有名です。 ルミキシルはハイドロキノンの効果を更に高め、肌のチクチク感や、部分的な肌の白抜けのリスクを改善した次世代の安全で美白効果が高まったブライトニングコスメです。

 

ルミキシルは医薬品扱いのため薬局や百貨店の化粧品コーナーでは購入できず、個人輸入通販での購入が一般的です。ハイドロキノンと共にルミキシルの取り扱いを始めた美容クリニックもあり、敏感肌の女性にも安心してお使いいただける美白クリームです。

なぜルミキシルが支持されるのか

シミくすみ、肝班などの原因「メラニン色素」を抑制力がハイドロキノンの17倍もあり、シミくすみなどの「予防効果」が非常に高い成分です。

 

よって、美白化粧品として長期的に使用できます。(ハイドロキノンは最大3ヶ月の使用)

 

対してハイドロキノンは予防よりも漂白効果が高く、既にできたシミくすみなどを薄くするにはやはりハイドロキノンが優れているとされます。

ルミキシルの高い美白効果

ルミキシルのメラニン抑制効果がハイドロキノンの17倍と非常に高いため肌への刺激を心配する女性が多いですが、成分のルミキシルペプチドは天然アミノ酸のため刺激も少なく敏感肌の女性や肌の部分的な白抜けを心配する女性にも安心してお使いいただけます。

 

ルミキシルはハイドロキノン同様、シミ、くすみ、肝班、ニキビ痕の改善効果などが期待できる成分で、有効成分のルミキシルペプチドは、それら肌のトラブルの原因メラニン色素の生成を阻害する効果が非常に高く、以下の特徴があります。

ルミキシルは肌への負担が少ない

ルミキシルのメラニン抑制効果が17倍と非常に高いため肌への刺激を心配する女性が多いですが、成分のルミキシルペプチドは天然アミノ酸のため刺激も少なく敏感肌の女性や肌の部分的な白抜けを心配する女性にも安心してお使いいただけるブライトニングクリームです。

ルミキシルは長期使用ができる

美白化粧品として長期使用できる理由は成分が肌に優しく、漂白効果というよりメラニン色素の生成を抑えてシミ、くすみ、肝班を予防する効果が非常に高いからです。

 

ハイドロキノンの使用は3ヶ月以内で、ハイドロキノンと組み合わせて使用する場合は、ハイドロキノンを3ヶ月使用して実際にできたシミくすみ肝班を薄く改善し、その後ルミキシルに切り替えて肌トラブルを予防することができます。

ルミキシルとハイドロキノンの違いは?

大きな違いは、ルミキシルは『シミくすみ・肝班』等の『予防』をする美白クリームで、ハイドロキノンは、すでにできたシミくすみ等を薄くする美白クリームという点です。

 

ルミキシルは浸透性が非常に強いですが、ハイドロキノンのような『漂白効果』がなく、メラニン色素の生成、沈着を阻害することで、シミくすみなどを予防します。

 

ルミキシルはハイドロキノンと異なり、継続的に長期間使えるブライトニングの美白クリームで、低刺激で肌の白抜けや痛み、赤みなどがないため、安心して長期間使えます。

 

ハイドロキノンは漂白作用で、できたシミくすみへの効果はあっても、将来できるシミくすみを予防する効果はありません。また、ハイドロキノンは3ヶ月以上の使用は控える必要があります。

 

よって、既にシミやくすみが目立つ場合、ハイドロキノンで薄く改善して、ルミキシルに切り替えてメラニン沈着を抑えて将来のシミくすみ予防を行えます。

page top