モーニングアフターピルを知ろう!

お薬のことなら、くすりエクスプレス

モーニングアフターピルを知ろう!アフターピル(緊急避妊ピル)って?

アフターピルまたはモーニングアフターピルは、性行為の後に服用する緊急避妊用のピルです。次のようなケースでアフターピルが必要になります。

 

避妊せずにセックスしたが、妊娠が心配になった。
コンドームが破損したなど、避妊手段が完全でなかった可能性がある。
レイプされた。

 

アフターピルは性行為の72時間以内に服用すると妊娠を防ぐことができます。アフターピルの成分は黄体ホルモンという女性ホルモンです。緊急避妊用なのでふつうの経口避妊ピル(低用量ピル)よりも成分が多く配合されているので、ほとんどの場合吐き気などの副作用がでます。

 

アフターピルは一般の薬局では購入できず、医師の処方箋が必要です。欧米では人工妊娠中絶に対する批判が強く、とくに未婚女性には緊急避妊薬の使用を奨励する傾向があります。薬はドラグストアでも購入できます。

 

日本では反対に人工妊娠中絶に対しては比較的寛容ですが、緊急避妊薬の使用はあまり積極的には教育・奨励されてはいません。

 

日本で人気のアフターピル『アイピル』や『ポスティノール』アフターピルを購入するには、低用量ピルの購入と同様に、『個人輸入』での通販が可能です。

アフターピルはいつまでに飲めば避妊できますか?

アフターピルは性行為の後72時間(3日間)以内に飲むと妊娠しません。

 

アフターピルの成分はレボノルゲストレルという黄体ホルモンです。この薬を服用することによって、生理周期のどの段階で性行為をした場合でも避妊することができます。

 

排卵前の行為なら、アフターピルの服用で排卵が抑制されます。排卵後の行為で受精が行われた後の服用でも、薬の作用で子宮内膜に受精卵が着床するのを防ぎます。

 

受精から着床までは約1週間かかるので、性交後72時間以内の服用でじゅうぶん間に合うのです。

アフターピルはどこで買えばよいのですか?

未婚女性へのアフターピルの使用を奨励している欧米ではドラッグストアでも購入できる国がほとんどですが、日本では薬の承認自体が2011年とごく最近のことで、購入するには医師の処方箋が必要です。

 

産婦人科でもアフターピルの扱いをしていないところもあるので、電話で確認してから受診しましょう。避妊は健康保険の適用外なので、診察費と薬代は全額自己負担になります。薬代は5000円ほどで、ほかに診察費が5000円〜1万円ほど必要です。(病院によって費用は異なります)

 

アフターピルはインターネットを通じて個人輸入で低価格で入手することもできます。個人輸入でのピル通販の場合、個人の使用に限って処方箋なしで購入ができます。

 

個人輸入での通販の場合、お薬代(ピル)のみで、ボリューム割引もあるため、非常にお薬を安価に購入できるメリットがあります。

日本ではアフターピルがまだ普及していないのは何故ですか?

アメリカでは2013年からは15歳以上なら薬局の店頭でアフターピルが自由に変えるようになりました。

 

それまでは薬局の薬剤師が17歳以上であることを確認してから手渡すという販売方法でしたが、さらに低年齢でも手軽に買えるようになったのです。

 

これは性交年齢の低下に対する現実的な対応で、未成年者の望まれない妊娠や人工妊娠中絶を防ぐためにアフターピルの使用が教育され、奨励されています。

 

これに対して日本では、低用量ピルもアフターピルも未成年者に使用が奨励されているわけではありません。「性道徳の乱れを助長する」というような反対意見もあり、これらの薬の承認そのものが諸外国に比べて非常に遅かったというのが実情です。

 

アフターピルも低用量ピルも日本では医師の処方箋がないと購入できませんが、個人輸入という通販方法であれば個人での使用に限り、ピルやアフターピルを処方箋なしでも購入することが認められています。

 

しかし、その一方で日本は人工妊娠中絶が毎年、年間20万件を超える数に達しています。医師の診断がないと購入できないというハードルがピルの服用をためらわせて、それが人工妊娠中絶を増やしているとして、低用量ピルやアフターピルの一般薬局への「解禁」を要求する声も大きくなりつつあります。

アフターピルの使用で注意することは?

アフターピルは緊急避妊用の薬なので、低用量ピルに比べると成分の配合量が多く、副作用も強く出ます。

 

とくに吐き気が出ることが多く、実際に吐いてしまう場合も少なくありません。

 

アフターピルを飲むときは吐き気を抑える薬をいっしょに飲むのが普通です。ピルの服用後2時間以内に吐いてしまった場合は、もう一度服用しなければなりません。

 

その他に、服用後数日間は不正出血、頭痛、腹痛、身体のだるさなどの症状が出ることがあります。

 

アフターピルを飲む前には妊娠検査薬を使って、妊娠していないことを確かめる必要があります。妊娠していた場合はもちろんアフターピルを飲む必要はありません。妊娠の有無を確かめないでアフターピルを飲むと、あとで妊娠がわかったときに緊急避妊の失敗だと誤解する可能性があります。

page top