お薬のことなら、くすりエクスプレス

スキンケア・エイジング・美白

スキンケア・エイジング・美白

シミ・クスミ・肝斑除去クリームのハイドロキノン、トレチノイン、ルミキシル、コスメライトクリーム、トラネキサム酸(トランサミン錠)など、女性の美と若さを追求する美白商品を、個人輸入通販ならではの低価格でご提供します。個人輸入通販ではクリニックや病院での処方箋なしでの購入が認められています。


シミに関してよくある質問

通常のスキンケアではシミは消えないのですか?

 

紫外線や他のダメージから肌を守っていればそのうち消えるはずですが、実際にはなかなか消えないことが多いのが実情です。

シミの原因は何ですか?

原因のほとんどは紫外線です。

焼けはしばらくすると治るのにシミはなかなか治らないのはなぜですか?

本来は一過性のはずの紫外線によるメラニン色素の産生が、何らかの理由で再生産され続けているからです。

メラニン色素が再生産される理由とは?

詳しい理由は分かっていませんが、メラニンを作る細胞であるメラノサイトの異常反応あるいは過敏な反応だと考えられます。

なぜシミはなかなか消えないのでしょう?

 

気をつけているつもりでも紫外線を浴びているなど、肌へのすこしの刺激がメラニンを再生産させていると考えられます。

老人性色素班とは何ですか?

ぎょっとするような名前ですが、いわゆるシミのことです。
紫外線の影響は何年間も肌に潜在して、何かのきっかけでシミとして現れます。高齢になるほどシミが多くなるのはそのためです。しかし原因はあくまでも紫外線で、若いときに浴びる紫外線の量が少なければ老人性色素班も少なくなります。

潜在していたシミが現れるきっかけとは?

新たに紫外線を浴びることがもっとも多いきっかけですが、そのほかに乾燥肌や肌への物理的な刺激、ストレスなどもきっかけになります。

シミの治療法にはどのようなものがありますか?

化粧品の医薬部外品である美白化粧品と皮膚科などで使用する処方箋薬の美白剤があります。
同じ成分でも配合量によってOTC(一般医薬品)と処方箋薬に分れることがあります。レーザー治療などの外科的な治療もあります。

皮膚科や美容外科ではどのような美白剤が使用されているのですか?

代表的なものはハイドロキノン、トレチノイン、ルミキシルです。

ハイドロキノンはどのような美白剤ですか?

 

ハイドロキノンはすでに産生されたメラニン色素を漂白するとともに、メラニン色素を生を抑制する作用があります。漂白力が強力なのでいわゆる白ぬけに注意して使用する必要があります。

トレチノインはどのような美白剤ですか?

肌のターンオーバーを促進して、角質に放出されているメラニン色素の排泄を早めます。皮脂の分泌を抑える作用もあります。

ハイドロキノンとトレチノインは併用できますか?

併用できます。どちらも使用しているときは紫外線のダメージを受けやすいので夜だけ使用するとともに、昼の紫外線対策を万全に行なう必要があります。

ルミキシルはどのような美白剤ですか?

 

ハイドロキノンより美白力が強く、白ぬけの心配がないと言われている新しいタイプの美白剤です。顔全体に使用することができます。

【肌の炎症を抑える成分配合!】シミ取りや肝斑に効果のある美白クリームです。メラニンを抑制するハイドロキノン、ピーリング効果でシミ・シワを改善するトレチノインだけでなく、肌の赤みを抑えるモメタゾンと言う抗炎症剤も配合!ハイドロキノンだけでは肌...

プラセンタジェル

高級スキンケアは卒業!肌のハリ、弾力、毛穴、小じわ、ニキビ跡などに効果を実感してください!ヒトプラセンタ成分をたっぷり配合!国内の美容クリニックで大人気のヒトプラセンタ成分を配合したプラセンタ・ジェルは、肌のアンチエイジング医薬品として世界...

TOPへ