大きさよりも硬さが大事。ペニス増大手術は絶対NG!

お薬のことなら、くすりエクスプレス

大きさよりも硬さが大事。ペニス増大手術は絶対NG!

日本人の平均サイズ13.5cmは幻の数字?
性行為に必要なペニスの条件はまず勃起すること、つまり挿入できて、ピストン運動を維持できる硬さは絶対に必要です。

 

女性に望ましい男性器について聞くとどのアンケートでも、1位は「立つこと」、2位が「なるべく硬いこと」で、3位が「なるべく大きいこと」の順になるそうです。

 

しかし、具体的な大きさについては、ネット上ではよく日本人の平均は13.5pなどと言われていますが、これはオリジナル資料が調査結果ではなく自己申告のアンケートで、それをみんなが孫引きで引用しているのが実情です。

ほんとうに深刻な悩みはデカすぎるペニス

多くの日本男性のペニスを勃起させてその長さを計測した資料というのは存在しません。また、ペニスはふだんの長さから勃起したときの長さを推測することができないものです。

 

一口に「ふだん」といっても、気温や精神状態でサイズがぜんぜん違うことは男性ならみな知っています。また、ふだんと勃起したときのサイズの差も人それぞれで、ふだんからダラリと大きいペニスよりも、ふだんは小粒で勃起時に長大になるペニスの方がむしろ上等と言えます。

 

ペニスのサイズの深刻なトラブルはむしろ、長すぎるとき、太すぎるときに発生します。いわゆる短小コンプレックスのほとんどは、思い込みによるものです。同性愛者を除くと男同士で他人の勃起したペニスを見る機会などは絶無ですし、女性でも豊富な比較研究のデータをもっているのは風俗の女性に限られます。

ペニスを大きくしたらモテるという広告の本末転倒

この他、ペニスの増大手術はするべきではないという理由はいろいろあります。その1つは、「ペニスを大きくして女性にモテよう」という広告が本末転倒だということです。
女性にモテる人は大きくしたペニスを活用する機会がありますが、ペニスを大きくしたからといって女性にモテるようになるわけではありません。

 

女性を口説くときに「オレのはでかいんだぜ」と言ったからといって成功率がアップするとは思えないからです。

高額で危険なペニス長大手術

そして何よりそんな手術をしない方が良い理由は、費用が高額でしかも健康への危険性が高いからです。

 

なかでも絶対にやってはいけないのは、ペニスと恥骨つなぐ靭帯を切って、体内に収まっている部分のペニスを外に引き出す手術です。非常に高額ですし、それよりも危険が大きすぎます。

ED治療薬は勃起時のサイズを増大

女性が性行為で求めるのは硬さとその維持のため、サイズを気にして逆に勃起がおろそかになっては本末転倒です。

 

ED治療薬は勃起できない男性のみが飲むのではなく、中折れや普段の勃起に100%満足できない男性や1回以上の性行為を行いたい男性などにも広く使われます。

 

同時に期待できることが勃起時のサイズアップです。普段できないほどの勃起をおこして維持できるため、普段よりも長く、太く感じる男女が多いのもうれしい効果の一つですね。

page top