お薬のことなら、くすりエクスプレス

レビトラとバイアグラを比較してみよう!

2番手のED治療薬レビトラのセールポイントは?
世界初のED治療薬バイアグラが日本で承認されたのが1999年でした。バイアグラ登場のセンセーションはかなり前のことだったような気がしますが、まだ16年くらいしかたっていないのですね。

 

そして、その5年後の2004年に2番目のED治療薬レビトラも承認されました。

 

知名度抜群でシェア100%(当然ですが)のバイアグラに対抗するためのレビトラのセールスポイントは、次の2点でした。
・バイアグラよりも服用後早く効き目が現れる
・バイアグラよりも食事の影響を受けにくい

ベッドインしてから服用しても間に合うのがレビトラ

バイアグラもレビトラもPDE5阻害薬と呼ばれるよく似た作用がある薬ですが、成分が水に溶ける早さが違い、それが効き目が現れる時間に影響します。

 

効き目が現れる時間には個人差がありますが、平均するとバイアグラが服用後30分〜1時間なのに対して、レビトラは15〜30分で効き目が現れます。

 

この15分とか30分の差にどんな意味があるのか疑問に思う人もいるでしょうが、レビトラは女性が服の最後の1枚を脱いでから飲んでも間に合うというのがメリットです。飲むタイミングを計らなくてよいし、なにより飲んだ薬が無駄になる心配がありません。

 

また、これは2のポイントに関係するのですが、ED治療薬は食後なるべく時間を空けて飲む方が良く効くので、セックスのギリギリまで服用を遅らせてもよいというのはメリットになるのです。

レビトラはあっさりした和食くらいなら直前でもOK

PDE5阻害薬は満腹のときに服用すると効き目がわるくなるという欠点があります。

 

空腹時に飲む効果を100%とすると、食後2時間以内なら50%くらいに減殺されます。とくに脂濃い食事の直後だとほとんど効果がない場合があります。

 

この食事による影響がバイアグラよりも少ないのがレビトラの特徴です。ただし、レビトラも空腹時に飲む方が効き目が強く出るのは同じです。

 

どうしても食事の後のベッドインというコースが変えられないときは、バイアグラよりもレビトラを選ぶ方がよいでしょう。

 

しかしそのときも、食事の内容はあっさりした和食などが無難です。

より硬くなるのはどっち?

ED治療薬ですから、当然気になるのは「どっちが硬く勃起するのか」ということですが、それについてはどちらの製薬会社も「うちの方だ」という主張はしていません。

 

インターネットの口コミなどを見ると、レビトラの方が硬さでは上だという評判が多いようです。しかし、これには個人差があるので使って見ないと何とも言えないところです。

 

対してバイアグラやジェネリックのカマグラゴールドを試されたお客様は、バイアグラ系はガツンとくる男らしい勃起を感じると言う方が多いようです。

 

効果の現れが分かりやすいということかもしれません。シアリス系はその逆で、徐々に効いてくるが作用は非常に長く続きます。

早漏の予防効果が大きいのは?

ED治療薬には二次的な効果として、早漏の予防があると言われています。医学的に効果が認められている早漏治療薬はダポキセチンという脳内ホルモンに作用する成分だけですが、ED専門クリニックの医師の間ではED治療薬にもある程度早漏改善効果があることが知られています。

 

そのなかでもレビトラにその効果が強いと言われています。

 

バイアグラには25mg錠、50mg錠、100mg錠の3種類がありますが、日本では100mg錠は認可されていません。

 

レビトラには10mg錠と20mg錠があり、薬の効き目ではそれぞれバイアグラの50mg錠、100mg錠に相当します。

ジェネリック医薬品で飲み比べてみる

バイアグラとレビトラは、両方試してみて体質に合う方を選ぶこともできるし、ケースバイケースで使い分けるという方法もあります。

 

しかし、どちらも1錠1500円〜2000円する薬なので、なかなか手軽に飲み比べもできません。

 

そんなときに大きなメリットがあるのが、ジェネリック大国インドの製薬会社から何種類か出ているジェネリック医薬品です。

 

効果は変わらず、安全性にも心配はありませんが、価格は先発薬の数分の1の低価格です。

TOPへ