現代型不眠とは?

お薬のことなら、くすりエクスプレス

夜ひときわ明るい日本列島

夜間に人工衛星から日本列島を撮影すると、列島の形が明るく浮かび上がるそうです。これは朝鮮半島の北半分とは好対照で、日本の夜が電気の光でこうこうと照らされていることを示しています。

 

しかし、夜も明るくて便利になったのはけっこうなことですが、それが現代人に不眠が増えている一因だと言われています。コンビニは24時間やっているし、スマホでラインもしなれればいけないし、と思って夜更かししているうちに不眠症になってしまうというのです。

深くDNAに刻み込まれた概日リズム

自転によって24時間ごとに昼と夜が交代する地球上で進化してきた生物には、「24時間周期の生理リズム」が深くDNAに刻み込まれています。もちろんに人も例外ではありません。そのリズムはここ数百年来の文明の進歩というような「最近の出来事」で変わるようなものではありません。

 

人の脳の松果体というところにこのリズムを刻む体内時計があると考えられています。この体内時計は朝の光を浴びることでリセットされ、覚醒ホルモンであるセロトニンを分泌します。セロトニンに刺激されて昼間の活発な行動を続けていると、十数時間後には体内時計はセロトニンの分泌を止めて睡眠ホルモンのメラトニンを分泌する指令を出します。

 

しかし夜も明るい光の下で楽しいことや刺激的なことをしていると、メラトニンの分泌が始まりません。午前2時とか、夜明け近くになって眠ろうと思っても、都合よくそこからメラトニンが分泌し出してはくれません。夜更かししている人はたんに睡眠時間を後ろに数時間ずらしただけのつもりでも、体内時計は同調してくれないのです。

夜強い光を目に入れない

夜遅くまでテレビの明るい画面を見続けることや、パソコンの画面を凝視してゲームに夢中になることはとくに、神経を興奮させてメラトニンの分泌を妨げます。

 

メラトニンが不足して夜眠れなくなると、あるいは眠っているつもりでも睡眠の質が落ちていると、覚醒ホルモンのメラトニンの分泌も不足してくるという悪循環が生まれます。これが、昼間ぼんやりしていて仕事の能率が上がらないのに、仕事が終わる時間になると元気になるという「現代型不眠」の典型です。

 

こういう状態が続くと健康に悪いだけでなく、社会的な評価も低くなります。自然な睡眠リズムを取り戻すには、夜はあまり明るい光を浴びないこと、あまり刺激の強い行動は控えてリラックスすることが必要です。

 

なるべく夜寝る前はスマホ、パソコン、テレビなどを見ないことと、加齢やストレスで減少する『メラトニン』を補充することで、深い眠り、途切れない眠りの促進、体内時計の調整などが行われて、質の高い睡眠につながります。

page top