お薬のことなら、くすりエクスプレス

高齢者が睡眠薬を飲む場合の注意点 中途覚醒、早朝覚醒が増える

眠るのにも体力がいるなどと言われますが、これはあながち冗談ではなく高齢になると睡眠の質が低下して、睡眠障害に悩む人が増えてきます。高齢者の睡眠には次のような特徴があります。

 

・体内時計が変化して早寝早起きの傾向が出る。
・ノンレム睡眠が減ってレム睡眠が増え、眠りが浅くなる。
・夜中に目が覚める中途覚醒、朝早く目が覚めてしまう早朝覚醒が増える。

薬の効き目を翌日まで持ち越さない

高齢者が睡眠薬を生むときにいちばん気をつけなければならないのは、昼まで眠気を持ちこさない薬を選ぶことです。高齢者は肝臓での薬の分解も遅くなるので薬の効き目が長く続く傾向があります。しかし昼まで薬が効いていると、転倒して骨折するなどの事故が起きやすくなります。

 

睡眠薬は効き目の持続時間によって

 

・超短時間型(効果が2〜4時間程度)
・短時間型(効果が6〜12時間程度)
・中時間型(効果が12〜24時間程度)
・長時間型(効果が24時間以上)

 

の4種類に区別されますが、高齢者に適した睡眠薬は「睡眠導入剤」とも呼ばれる1の長短時間型です。このタイプの睡眠薬には非ベンゾジアゼピン系のゾルピデム(マイスリー)、ゾピクロン(アモバン)、エスゾピクロン(ルネスタ)などがあります。

早朝の時間を有意義に使う

早朝覚醒は睡眠障害の1つと考えられていますが、誰でも高齢になると朝の目覚めは早くなります。そのときに無理してもう一度眠ろうとすると苦になりますが、本を読むとか畑仕事をするなど「朝の楽しみ」を持つとある程度の早朝覚醒は気にならなくなります。

 

高齢者の睡眠障害はうつ病や認知症が原因のこともあるので、家族はその辺も気をつけて専門医に相談しましょう。

TOPへ